性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ

クレンナビは性病と感染症についての専門サイトになります。性病といっても多くの種類があるので正しい知識と対処法を知る事で症状が悪化するまに改善することができます。

アジー クラミジア感染症 ジスロマック 淋病

アジー(ジスロマック)は淋病・クラミジアに効果ある?副作用と飲み合わせは?

更新日:

本記事ではインド製の抗生物質であるアジーについてまとめていきます。アジーは、淋病やクラミジアの治療に使用されることの多い抗生剤であるジスロマックのジェネリック医薬品です。インド製ということもあり、国内ではいまだ認可されていません。

海外通販サイトから個人輸入することで、Amazonや楽天で商品を買うようにアジーを手にすることができます。ジスロマックのようにクリニックに出向いて医師の診察を受け、処方せんをもらう手間を省くことができます。ジェネリックなので価格も半額程度に抑えられます。

「手間とコストを抑えてジスロマックを手にしたい」

このような思いを抱いている方におすすめなのがアジーです。

>>アジーのお得な通販はこちら<<

アジーとは?

アジーはインドの製薬会社であるシプラ社が開発・販売する抗生物質です。ジスロマックという先発薬のジェネリック医薬品となります。ジスロマックは大手製薬会社であるファイザー社によるマクロライド系抗生物質です。

歯周病や膀胱炎、喉の炎症などさまざま感染症の治療に用いられる医薬品です。なかでもジスロマックは、淋病やクラミジアに効果がある抗生物質として知られています。

言うまでもなくクラミジアは日本で最もメジャーな性感染症(STD)です。日本国内だけで100万人以上の人がクラミジアに感染しているとされています。

パートナーとのセックスが感染経路である場合がほとんどです。クラミジアは症状の自覚が難しく若年層の女性を中心に広まっています。決して珍しいものではないということですね。

一方、淋病は男性に多い性感染症です。患者数としてはクラミジアの半分ぐらいの規模のようです。20代の若い男性層を中心に淋病は広まっています。

最近では特定のパートナー以外ともセックスをする若者が増えており、それにともない淋病に感染する人も多くなっているとのことです。クラミジア同様、淋病も決して他人事とは言えない性感染症となっています。

このような日本国内で猛威を振るっているクラミジアと淋病という2つの性感染症に効果を発揮するのがジスロマックであり、そのジェネリック医薬品のアジーです。クラミジアか淋病のいずれかの性感染症に悩んでいる方は、ぜひとアジーの服用を考えてみて下さいね。

アジーの効果

ジスロマックのジェネリック医薬品であるアジーに含まれる有効成分は、もちろんジスロマックと同じアジスロマイシン水和物となります。この有効成分が抗生物質として体内で作用します。

アジスロマイシンは、体内で細菌のたんぱく質を合成する器官に結合します。その結果、細菌は細胞分裂することが出来なくなり、増殖することも出来なくなってしまいます。

クラミジアはクラミジア・トラコマティスという細菌に感染することによって、淋病は淋菌という細菌に感染することによって発症する性感染症です。そのため、治療法としては、このそれぞれの原因となる細菌の増殖を抑えることが第一になります。

ここで役に立つのが、ジスロマックやアジーの有効成分である抗生物質のアジスロマイシン水和物となるわけです。クラミジア・トラコマティスや淋菌の繁殖を防ぎ、死滅させる効果があります。

アジーの特徴

アジーの特徴は、何と言っても、その入手の手軽さにあります。アジーの先発薬のジスロマックは医療用医薬品であり、医師に処方せんを書いてもらうことなしには入手できないものです。

そのため、ジスロマックを手にするためには、クリニックに出向き、医師の診察を受け、処方せんを受けとり、薬局で処方してもらうという手間をかける必要があります。仕事や家事に忙しい人からしたらなかなかに面倒ですよね。

一方、アジーの入手方法としては、海外通販サイトを利用しての個人輸入になります。そのため、Amazonや楽天で買い物をするかのようにアジーを手にすることができます。

また、ジェネリック医薬品であるために価格も先発薬のジスロマックの半額程度となっています。

「手間とお金を省いてジスロマックと同じ効果を手にしたい」

このような思いを抱いている方におすすめなのがアジーとなります。

>>アジーのお得な通販はこちら<<

アジーの副作用

医療用医薬品であるジスロマックには少ないながらも副作用のリスクは存在します。これはそのジェネリック医薬品であるアジーにおいても同じです。なので、アジーを服用する際には、前もってジスロマックの副作用のリスクについて理解しておいたほうが安心です。

ジスロマックおよびアジーの副作用の症状としては、以下のようなものがあります。

  • 下痢
  • 軟便
  • 腹痛
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 発疹
  • 発赤
  • かゆみ
  • じんましん
  • めまい
  • けいれんなどの意識障害
  • 肝機能障害
  • 白血球数の減少

これらの副作用の症状はジスロマックやアジーに限らず、どの抗生物質を服用した時にでも起こりうるものです。

また、極稀にではありますが、以下のような重篤な副作用の症状がでることもあります。

  • アナフィラキシーショック
  • 血液の異常
  • 皮膚や粘膜の異常
  • 重度の過敏症状や不整脈
  • 大腸炎や肺炎

もしこれらの症状が発症した場合は、速やかにクリニックを訪れ医師の診察を受診することが必要となります。

アジーの飲み方

 

クラミジア感染症の治療のために有効成分アジスロマイシンを服用する場合は、1回で1000mgを飲むことが必要になります。アジーにはアジスロマイシンの含有量が250mg、500mg、1000mgの3タイプあります。

1000mgの場合は1錠で良いのですが、500mgの場合は2錠、250mgの場合は4錠をまとめて飲んで合計で1000mgになるようにしましょう。1度摂取すると、その治療効果は1週間持続します。

淋病の治療のためにアジスロマイシンを用いる場合も、クラミジア感染症の治療と同じで、1回に1000mgを飲むことが必要になります。淋菌は抗生物質に対して耐性を持ちやすいので中途半端な服用はさけましょう。効果はクラミジアの場合同様に1週間持続します。

過去は1日500mgのアジスロマイシン水和物で淋病の治療を行っていたようです。しかし、淋菌にアジスロマイシン水和物を含む抗生物質への耐性が生まれてきたことから、今では1000mgを1回という用量に引き上げられているようです。

アジーの飲み合わせ

ジスロマックには少ないながらも飲み合わせの悪い薬があります。これはジスロマックのジェネリック医薬品であるアジーにおいても同様です。今現在、服用している医薬品のある方は、その医薬品とジスロマックおよびアジーとの飲み合わせについて事前にチェックするようにしましょう。

以下に列挙する医薬品はジスロマックおよびアジーとの併用注意薬となっています。

  • 一部の胃腸薬(制酸剤)
  • 抗血栓薬ワルファリン(ワーファリン)
  • メシル酸ネルフィナビル
  • 免疫抑制剤シクロスポリン
  • 強心薬ジゴキシン

これらの医薬品とアジーとを併用してしまうと、治療効果が薄れてしまったり、副作用が強く発症してしまったりするリスクがあります。なので、併用は避けたほうが無難です。

また、基本的にジスロマックやアジーと他の抗生剤との併用も禁止されています。素人考えで

「2種類の抗生剤を併用して一気に感染症を治そう」

このような考えは厳禁です。よくあるのがニューキノロン系抗生物質のクラビットとジスロマックやアジーとの併用です。担当医からの特別な指示がない限り、この2種の抗生剤の併用は止めましょう。

アジーの体験談

以下にネット上にて公開されているアジーの体験談を抜粋して紹介します。実際にアジーを使用されている方の声を参考にすることで、アジーに対する不安や疑問を解消することが出来るかもしれません。興味がある方は、ぜひ参考にしてアジーを個人輸入してみて下さいね。

32歳男性

先日、淋菌に感染してしまったときにアジーを利用しました。感染源は、恥ずかしながら、風俗だと思います。最初は街のクリニックに通っていたのですが、仕事もあるし、何よりもダルいので、2回目から通うのがしんどくなってきました。交通費なども含めるとコストもバカにならないし。

で、どうしようかな、と色々と調べていたら見つけたのがアジーです。海外通販に関しては、過去にバイアグラなどED治療薬での経験があったのでそこまで不安はありませんでした。だいたい注文してから10日ほどでアジーが配達されてきたと思います。

淋病と診断されていたので、1度に1000mg飲みました。淋病の症状はすぐに快方に向かったので良かったのですが、おそらく副作用と思われる下痢に悩まされました。腸内細菌のバランスが崩れてしまったんだと思います。これに関してはビオフェルミンなどの整腸剤で対処しました。

まとめ:クラミジアや淋病にはアジーがおすすめ

ジスロマックは淋病やクラミジアの治療に効果のある抗生物質です。淋病やクラミジアに悩んでいる方は、その服用を積極的にかんがみるべきものです。

しかし、このジスロマックは入手に手間がかかるという欠点があります。医療用医薬品であり購入には医師の処方せんが必要となるためです。

「ジスロマックが欲しいけど、クリニックに行く時間がない。」
「クリニックに行くのが面倒でしょうがない」

このような悩みを抱えている方におすすめなのが、インド製のジスロマックのジェネリック医薬品であるアジーです。

海外通販サイトを利用することで手軽に個人輸入ができます。手間を省いてお金を節約してジスロマックと同じ効果を期待できるのがアジーです。

>>アジーのお得な通販はこちら<<

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

Average rating:  
 0 reviews

-アジー, クラミジア感染症, ジスロマック, 淋病
-, , , , , ,

Copyright© 性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ , 2018 All Rights Reserved.