性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ

クレンナビは性病と感染症についての専門サイトになります。性病といっても多くの種類があるので正しい知識と対処法を知る事で症状が悪化するまに改善することができます。

アモキシリン 梅毒 淋病

アモキシリン(アモキシシリン)は性病に効く?効果と副作用は?

更新日:

本記事では、海外通販で購入できるペニシリン系抗生物質のアモキシリン(アモキシシリン)についてまとめていきます。有効成分のアモキシシリンは、さまざまな感染症の治療に効果があります。適応症としては次のようなものがあります。

  • 淋病
  • 梅毒
  • 皮膚感染症
  • リンパ管・リンパ節炎
  • 手術などによる外傷の二次感染
  • 咽頭・喉頭炎
  • 扁桃炎
  • 肺炎
  • 子宮内感染
  • 中耳炎
  • 歯周組織炎
  • ヘリコバクター
  • ピロリ感染胃炎

日本国内ではサワシリンやパセトシンなどがアモキシシリンを含有する抗生物質として出回っています。これらの医薬品と同じ効果をもつ海外製の抗生物質は、海外通販サイトから購入できます。

「クリニックに出向いて処方せんをもらう手間を省きたい」「1錠あたりの単価を出来るだけ安く抗生物質を手に入れたい」

このようなことを思っている方には、海外通販をおすすめします。自己責任の個人輸入ではあるものの、ネットショッピングと変わらぬ手軽さで安価にアモキシリンを入手することが出来ます。

>>アモキシリンのお得な通販はこちら<<

アモキシリン(アモキシシリン)とは

アモキシリンはペニシリン系の抗生物質です。有効成分は、アモキシシリンになります。アモキシシリンを外合する抗生物質として日本国あで認可されてるものにはサワシリンがあります。その海外製のジェネリック医薬品がアモキシリンとなります。

サワシリンやその他の抗生物質同様、アモキシリンは細菌が引き起こすさまざまな感染症の治療に効果があります。アモキシリンの代表的な適応症には、淋病や梅毒があります。重い副作用のリスクも低く、安全に使用できる抗生物質として知られています。

海外製のアモキシリンを手に入れるためには、海外通販サイトから個人輸入をする必要があります。この海外通販による利点には次のようなものがあります。

ネットショッピング感覚で購入できるので、病院に出向く手間を省ける。海外製のジェネリック医薬品なので、1錠あたり70円程度とお得な価格での購入が出来る。

淋病や梅毒をはじめ、さまざまな感染症に悩んでいる方が、海外通販でアモキシリンを購入しています。手軽に入手できる抗生物質として人気の医薬品です。

アモキシリン(アモキシシリン)の効果

繰り返しになりますが、アモキシリンの有効成分はアモキシシリンになります。代表的なペニシリン系の抗生物質のひとつです。このアモキシシリンを配合した抗生物質としては、日本国内ではサワシリンやパセトシンが流通しています。

これらの先発薬のジェネリック医薬品がアモキシシリンとなります。そのため、サワシリンやパセトシンと同様の効果をアモキシリンにも期待することができます。

有効成分アモキシシリンはさまざまな感染症の治療に効果がある抗生物質です。以下、その適応症の代表的なものを紹介します。

  • 淋病
  • 梅毒
  • 皮膚感染症
  • リンパ管・リンパ節炎
  • 手術などによる外傷の二次感染
  • 咽頭・喉頭炎
  • 扁桃炎
  • 肺炎
  • 子宮内感染
  • 中耳炎
  • 歯周組織炎
  • ヘリコバクター
  • ピロリ感染胃炎

このような細菌が体内で繁殖してしまったことによる感染症に汎用性が高く効果を発揮するのがアモキシシリンです。アモキシシリンは体内に摂り込まれると、細菌のそれ以上の増殖をストップさせることによって締めるさせていきます。

アモキシリン(アモキシシリン)の特徴

 

サワシリンやパセトシンなどの先発薬にはないアモキシシリンの特徴としては、「海外通販にて購入できる」ということがあります。

日本国内で認可されている抗生物質であるサワシリンやパセトシンは、入手するためには医師による処方せんが必須になります。これは、クリニックに出向き医師の診察を受けないと薬を購入することが出来ないということを意味します。

一方、アモキシリンは海外製の医薬品であり日本国内では認可されていません。そのため、入手方法は海外通販に限られます。海外通販での医薬品の購入には、以下のような利点があります。

  • クリニックに出向く手間がいらず、ネットショッピング感覚で医薬品を通販できる
  • 医薬品の1錠あたりの単価を安く抑えることができる

もちろん、「服用にあたっては自己責任」などの海外通販ならではの欠点もあります。しかし、上記のメリットはこの欠点を補ってなお余りあるものです。

「有効成分アモキシシリンを含む抗生物質をとにかく安く手軽に購入したい」

このような思いを抱いている方に最適なのがアモキシリンの海外通販になります。

>>アモキシリンのお得な通販はこちら<<

アモキシリン(アモキシシリン)の副作用

同じ有効成分アモキシシリンを含有しているため、副作用の症状に関しても、アモキシリンは基本的に先発薬であるサワシリンやパセトシンと同じになります。安全性の高い医薬品として知られているペニシリン系の抗生物質になるために、そこまで強い副作用のリスクはありません。

しかし、医療用医薬品として認可されている抗生物質である以上、一定の副作用のリスクはアモキシリンにもあります。その代表的な症状を以下に列挙していきます。

  • 発疹
  • じん麻疹
  • 軟便
  • 下痢
  • 腹痛
  • 吐き気
  • 味覚異常
  • 口内炎
  • カンジタ症
  • ビタミンK欠乏症

これらのアモキシシリンによる副作用は、仮に発症したとしても軽い症状ですむことがほとんどです。

しかし、もし症状が重くなり、長期間にわたってその症状の改善がみられないような場合は、アモキシリンの服用をすぐに止めるようにしましょう。そして、すぐにかかりつけ医の診察を受けることをおすすめします。

アモキシリン(アモキシシリン)の飲み方

感染症の治療にあたってのアモキシリンの飲み方としては次の通りです。

「1回250mgを1日に3~4回服用する」

アモキシリンの適応症にはさまざまな感染症がありますが、基本的にこの飲み方で対処することになります。また、飲む用量や回数はその感染症の症状や患者の年齢によって増減することがあります。

ここらへんの判断は素人には難しいものがあります。疑問や不安がある場合には専門医に相談するのが安心です。

ヘリコバクターやピロリ菌の治療にあたっては、ちょっと飲み方が変わってきます。アモキシリン以外にもクラリスロマイシン(マクロライド系抗生物質)やプロトンポンプ阻害薬(胃酸分泌抑制薬)などを一緒に服用することが必要になります。

「アモキシリン1回750mg、クラリスロマイシン1回200mg、プロトンポンプ阻害薬3種を同時に1日2回、7日間服用する」

ちょっとややこしい部分がありますね。ピロリ菌による感染症の治療にあたってアモキシリンの服用を考えている場合は、面倒でも専門医の指導を受けたほうが安心です。

アモキシリン(アモキシシリン)の飲み合わせ

アモキシリンには飲み合わせが悪い医薬品があります。これも先発薬であるサワシリンやパセトシンと同じですね。併用が禁止されているわけであはりませんが、アモキシリンと一緒に服用する場合には十分な注意を払う必要があります。

アモキシリンの併用注意薬の1つ目は、ワルファリン(ワーファリン)です。血液が血管内で固まるのを防ぐ抗凝固薬です。血栓症の治療に使われます。

ワルファリンとアモキシリンとを一緒に服用すると、ワルファリンの抗凝固効果を過剰に増強してしまい、重い副作用を誘発させる可能性があるので注意が必要です。

アモキシリンの併用注意薬の2つ目は、避妊薬です。いわゆるピルですね。避妊薬とアモキシリンとを一緒に服用すると、避妊薬の効果が弱められてしまう可能性があります。

十分な避妊効果を発揮することが出来なくなってしまうということです。万が一に備えて、コンドームなど別な避妊方法を併用するようにしましょう。

アモキシリン(アモキシシリン)の体験談

この記事を読んでいる方は、アモキシリンの海外通販に何らかの興味がある方だと思います。しかし、海外通販というのは、なかなかにハードルが高い購入方法であるのもまた事実です。アモキシリンの購入にあたって不安や疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。

そのような場合は、ネット上に投稿されているアモキシリンの体験レビューをチェックすることをおすすめします。自分と同じ悩みを抱えた人の経験を疑似体験することは、何よりも参考になることです。以下にもネット上でシェアされていたアモキシリンの体験談を抜粋してシェアします。ぜひチェックしてみて下さいね。

32歳男性

おそらく感染源は風俗だと思うのですが、淋病になってしまいました。泌尿器科に行くべきなのは分かっていましたが、仕事が忙しくなかなかクリニックの営業時間に間に合うことが出来ずに困っていました。で、色々と解決策を調べていた中で見つけたのが、このネット通販での医薬品の購入です。

クリニックに出向く手間を省けるというのは、日中にクリニックに行く時間をとれない自分にとっては大きなメリットでした。海外製の医薬品ということで不安もあったのは事実ですが、同じ抗生物質だしそこまでは心配していませんでした。

海外通販サイトで注文してから商品が届くまでは、だいたい10日間かかったと思います。10日間も淋病を放置していたのは、正直キツいものがありましたね。なので、今後の再発に対処できるためにも、これからはアモキシリンを手元にストックしておこうと思います。

まとめ:アモキシリンはおすすめのペニシリン系抗生物質

アモキシリンはペニシリン系抗生物質です。日本国内ではサワシリンやパセトシンという医薬品が同じ有効成分で流通しています。これらの抗生物質の海外製のジェネリック医薬品がアモキシリンになります。有効成分名は、アモキシシリンです。以下のような感染症の治療に効果があります。

  • 淋病
  • 梅毒皮膚感染症
  • リンパ管・リンパ節炎
  • 手術などによる外傷の二次感染
  • 咽頭・喉頭炎
  • 扁桃炎
  • 肺炎
  • 子宮内感染
  • 中耳炎
  • 歯周組織炎
  • ヘリコバクター
  • ピロリ感染胃炎

海外通販サイトから個人輸入することで手に入るアモキシリンには次のようなメリットがあります。

  • 医師に処方せんを書いてもらうことなしに、にネットショッピング感覚で抗生物質が手に入る
  • 1錠あたりの単価を70円程度に抑えることが出来る

このような海外通販の利点に興味がある方は、思い切って海外通販を利用してみましょう。ネット上の体験談などをチェックしてもらえれば分かりますが、多くの方が海外通販で抗生物質を購入し感染症の治療を行っています。

>>アモキシリンのお得な通販はこちら<<

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

アモキシリン(アモキシシリン)
Average rating:  
 0 reviews

-アモキシリン, 梅毒, 淋病
-, , , , , , ,

Copyright© 性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ , 2018 All Rights Reserved.