性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ

クレンナビは性病と感染症についての専門サイトになります。性病といっても多くの種類があるので正しい知識と対処法を知る事で症状が悪化するまに改善することができます。

アンピシリンジェネリック カンピシリン ジェネリック医薬品 ビクシリン 梅毒 淋病

カンピシリンはビクシリン(アンピシリン)のジェネリック!梅毒や淋病に効果あり?

更新日:

本記事では、ペニシリン系抗生物質のカンピシリンについてまとめていきます。カンピシリンはビクシリンのジェネリック医薬品です。有効成分はアンピシリンになります。梅毒や淋病をはじめさまざまな感染症に効果を発揮します。

カンピシリンは目立った副作用もなく安全に使用することができます。まれにアンピシリンの殺菌作用が腸内細菌叢に効いてしまい、腸内環境が乱れることがありますが、その程度です。

カンピシリンはインド製の医薬品です。日本国内では認可されていないので、クリニックで処方を受けることは出来ません。入手するためには、海外通販サイトから個人輸入をする必要があります。

「少しでも安くビクシリン(アンピシリン)を手にしたい」
「クリニックに出向く手間を省きたい」
「家族や会社にバレずに抗生物質を手に入れたい」

このような思いを抱いている方におすすめなのがカンピシリンです。

>>アンピシリンのお得な通販はこちら<<

カンピシリンとは?

カンピシリンはインドの製薬会社であるカディラファーマ社が製造・販売をするペニシリン系の抗生物質です。梅毒や淋病をはじめさまざまな感染症の治療に効果があるビクシリンのジェネリック医薬品となります。

カンピシリンは海外製の医薬品であり日本国内では認可されていません。そのため、入手するためには、海外通販サイトを利用し個人輸入する必要があります。

インド性のジェネリック医薬品は、高品質・低価格を両立していることで知られています。そのため、カンピシリンには先発薬であるビクシリンと同様の効果を期待することが出来ます。

梅毒や淋病などの性感染症は、なかなか自然治癒が見込めないものです。そのため、発症に気がついたら、カンピシリンなどの抗生物質によって原因菌を死滅させる必要があります。

カンピシリンの効果

カンピシリンの有効成分は、先発薬であるビクシリンと同じアンピシリンです。アンピシリンはペニシリン系の抗生物質です。身体の中で悪さをするさまざまな細菌を死滅させる効果があります。

本サイトは性感染症についてのサイトなので、梅毒や淋病の治療薬としてカンピシリンを取り上げています。しかし、これらの性感染症以外にも以下のような感染症の治療にカンピシリンは効果があります。

  • リンパ管・リンパ節炎
  • 外傷・熱傷および手術創などによる二次感染
  • 咽頭・喉頭炎
  • 膀胱炎
  • 腹膜炎
  • 感染性腸炎
  • 子宮内感染
  • 角膜炎
  • 中耳炎
  • 歯周組織炎
  • 炭疽

これでもアンピシリンの適応症のほんの一部となります。アンピシリンはこれらの感染症の原因となる細菌の細胞壁の合成を阻害します。その結果として、それ以上増殖することが出来なくなってしまった細菌は死滅していくこととなります。

悪さをする細菌がいなくなれば、感染症の症状である腫れや発赤はおさまり、痛みもひいていきます。アンピシリンは安全性の高いために幅広い用途で使用されている抗生物質です。

カンピシリンの特徴

ビクシリンのジェネリック医薬品であるカンピシリンの最大の特徴は、その安価な価格と入手に対しての手間の少なさにあります。先発薬であるビクシリンは、日本国内で認可された医療用医薬品です。

つまり、入手に際しては専門医の診察を受け、処方せんを書いてもらう必要があるということです。クリニックにわざわざ出向くという手間があるということですね。

また、保険適用の医薬品なので価格は3割負担で済みますが、診察費などを合わせると無視できない金額となります。また、保険の適用にあたっては保険証の提示が必要となります。

保険証を提示すると、後の医療費の通知などで家族や会社にビクシリンを処方してもらったことがバレる可能性があります。梅毒や淋病で受診している方にはこれは問題ですよね。

「少しでも支払い額を安くしたい」
「病院にわざわざ出向く手間を省きたい」
「家族・会社に絶対にバレないように梅毒・淋病を治療したい」

このような思いを抱いてる方におすすめなのがカンピシリンです。Amazonや楽天市場でネットショッピングをするような感覚で安価に有効成分アンピシリンを含有する医薬品を手にすることができます。

>>アンピシリンのお得な通販はこちら<<

カンピシリンの副作用

先発薬であるビクシリンは、医療用医薬品であることからも分かるように、一定の副作用のリスクがあります。これは、ビクシリンのジェネリック医薬品であるカンピシリンにおいても同様です。以下のような副作用の症状が報告されています。

  • 下痢
  • 発熱
  • 発疹
  • じんましん

発症する頻度が高いのは下痢です。アンピシリンの殺菌作用によって腸内細菌叢のバランスが崩れてしまっているために起こるものです。

また、ごくまれではありますが、以下のような重い副作用の症状も報告されています。

  • アナフィラキシー・ショック
  • 急性腎不全
  • 血液障害・溶血性貧血
  • 大腸炎
  • 重い皮膚・粘膜障害

もしこれらの副作用の兆候を感じ取ったら、すぐにカンピシリンの服用を止め専門医を受診するようにしましょう。

カンピシリンの飲み方

カンピシリンの飲み方としては、1回アンピシリン水和物として250mg~500mgになります。カンピシリンは250mgと500mgのものがあるので、だいたい1錠になりますね。これを1日に4~6回服用します。

これが基本的な飲み方です。ただ、感染症の症状や服用する人の年齢によって用法用量は変わってきます。疑問や不安がある時には医師や薬剤師に問い合わせるようにしましょう。

近年、アンピシリンなどの抗生物質に耐性をもった細菌が増えてきていることが問題となっています。たとえば、中耳炎の原因菌である肺炎球菌の7割ほどは抗生物質への抵抗があることが分かっています。

そのため、上記の用法用量を守らないでカンピシリンを服用してしまうと、感染症への治療効果が期待するほど得られなくなってしまいます。適切な飲み方でカンピシリンを摂取するようにしていきましょう。

カンピシリンの飲み合わせ

カンピシリンと他の医薬品との飲み合わせに関しても、基本的にはビクシリンのそれと同じとなります。クシリンの併用注意薬としては、経口避妊薬があります。いわゆるピルと呼ばれる女性ホルモン剤ですね。女性が摂取することで避妊の効果を期待するものです。

カンピシリンおよびビクシリンの有効成分であるアンピシリンと経口避妊薬とを一緒に服用してしまうと、経口避妊薬の効果が弱まってしまう可能性があります。

ピルでちゃんと避妊が出来なくなってしまうということです。なので、ピルを服用している女性はカンピシリンとの併用に関して十分に気をつける必要があります。

また、痛風や高尿酸血症の治療薬であるザイロリック(アロプリノール)との併用にも注意が必要とされています。副作用の症状のひとつである発疹のリスクが高まってしまいます。

もし、今現在、ザイロリック(アロプリノール)を服用している場合には、カンピシリンを使い始める前に専門医に相談するようにしましょう。

カンピシリンの体験談

「カンピシリンに興味があるけれど、海外製の医薬品の個人輸入はハードルが高く感じる」

このように思われている方は多いと思います。そのような方におすすめしたいのが、実際にカンピシリンを使っている方のレビューです。ネット上には多くのカンピシリンの体験談がシェアされています。それらをチェックすることで、自分の疑問や不安を整理することが出来ます。

28歳男性

ペニスに赤いブツブツのようなものが出来たことにより、自分が梅毒になってしまったことに気づきました。

感染したのは初めてなのですが、ネットニュースなどで梅毒が流行っていることは知っていたので、「やっちまったな」という感じでした。風俗にも割りと通っていたし、不特定多数の女性とセックスもしていたので自業自得かなと思います。

で、ネットで対策を色々と調べていて見つけたのがカンピシリンです。安いし病院にも行く必要もないとのことでこれを使ってみることにしました。注文から10日ほどで問題なく配達されました。

で、服用を始めたのですが、だいたい2週間ほどで赤いブツブツは完治しました。特に気になる副作用もなく、カンピシリンには満足しています。

まとめ:カンピシリンはおすすめのビクシリンジェネリック

 

カンピシリンはペニシリン系の抗生物質です。ビクシリンのジェネリック医薬品になります。有効成分はアンピシリンで、梅毒や淋病をはじめさまざまな感染症の治療に効果があります。

下痢などのちょっとした胃腸の状態悪化という副作用のリスクは多少あります。しかし、用法用量をきちんと守ることで、基本的には安心して使用できる医薬品となっています。

カンピシリンはインド製の医薬品です。そのため、日本国内では認可されていません。したがって、入手するためには、海外通販サイトから個人輸入をする必要があります。

カンピシリンは価格も1錠あたり50円程度と非常に安価です。また、通販になるので病院に出向く手間も省くことが出来ます。

「とにかく安く手軽にペニシリン系抗生物質がほしい」

このような思いを抱いている方にカンピシリンはおすすめです。

>>アンピシリンのお得な通販はこちら<<

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

-アンピシリンジェネリック, カンピシリン, ジェネリック医薬品, ビクシリン, 梅毒, 淋病
-, , , , , , , ,

Copyright© 性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ , 2018 All Rights Reserved.