性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ

クレンナビは性病と感染症についての専門サイトになります。性病といっても多くの種類があるので正しい知識と対処法を知る事で症状が悪化するまに改善することができます。

カンジタ症 ケトコナゾール ニナゾール 水虫・たむし

ケトコナゾールジェネリック(ニナゾール)で水虫・カンジタ治療!その副作用と飲み合わせは?

更新日:

本記事では、抗真菌薬であるニナゾールについてまとめていきます。ニナゾールはニゾラールのジェネリック医薬品となります。有効成分はケトコナゾールです。水虫やカンジタ症の治療に効果を発揮します。

先発薬であるニゾラールには塗り薬などの外用薬しかありません。そのため、有効成分ケトコナゾールを配合した内服薬を手にするためには、ニナゾールを購入するしかないということになります。

ニナゾールは、海外製の医薬品となります。日本国内での認可はされていません。そのため、手に入れるためには海外通販サイトから個人輸入をする必要があります。海外通販はネットショッピング感覚で医薬品を購入でいるので手軽です。

また、ニナゾールは1錠あたり50円程度とコストも抑えることが出来ます。水虫やカンジタに悩まされている方は、ぜひチェックしてみて下さいね。

>>ケトコナゾールのお得な通販はこちら<<

ケトコナゾールジェネリックとは?

ニナゾールは、抗真菌薬であるニゾラールのジェネリック医薬品です。名前が似通っているのでややこしいですが、先発薬はクリームやローションタイプのものがあるニゾラールになります。

それをジェネリック医薬品として内服できる錠剤タイプにしたものが本記事で紹介するニナゾールになります。ともに有効成分はケトコナゾールになります。

ニナゾールはタイの製薬会社であるT.O.PHARMAが製造・販売をしています。そのため、日本国内では認可がされていない医薬品になります。そのため、ニゾラールのように街中のクリニックで処方を受けることは出来ません。

ニナゾールを手にするには、海外通販サイトから個人輸入する必要があります。後述するように、自己責任というリスクはあるものの、海外通販には多くの利点もあるので一考することをおすすめします。

ケトコナゾールジェネリックの効果

ニナゾールの有効成分はケトコナゾールです。これは先発薬であるニゾラールと同じ成分になります。ケトコナゾールは皮膚にて増殖してしまっている真菌に対する殺菌作用があります。

抗真菌薬とよばれるタイプの医薬品になりますね。皮膚上での真菌の増殖が原因である皮膚真菌症には以下のようなものがあります。

  • 足白癬(水虫)
  • 体部白癬(ぜにたむし)
  • 股部白癬(いんきんたむし)
  • カンジダ症
  • 癜風

先発薬であるニゾラールには以下の3種類があります。

  • クリーム
  • ローション
  • スプレー剤

ともに外用薬であり、肌の患部に直接塗り込むものですね。これはこれで効果があるものです。ただ、ネット上の体験談などをチェックすると、「外用薬では効果がないので内服薬のほうが良い」みたいな意見があるのも事実です。

そのような内服タイプの抗真菌薬を探している方におすすめなのが、ニナゾールです。ニゾラールと同じ有効成分であるケトコナゾールを内服できる錠剤にした医薬品になります。

ニゾラールとニナゾールとの違いは、外用薬や内服薬というだけです。水虫やカンジタに対する抗真菌効果は同じですので、安心して使用することができるものです。

ケトコナゾールジェネリックの特徴

前述のように、ニナゾールの大きな特徴のひとつは、先発薬ニゾラールと違い内服できる錠剤であるということです。これに加えて、ニナゾールにはもうひとつ注目するべき特徴があります。それは、入手にあたっての手間や費用のコストを低く抑えることができるという点です。

冒頭でも述べたように、ニナゾールは海外製のジェネリック医薬品になります。そのため、日本国内に居住する人がニナゾールを入手するためには、海外から直接に個人輸入をする必要があります。個人輸入というとハードルが高く思われてしまうかもしれません。

しかし、実際には日本人向けの海外通販サイトを利用することになるので、Amazonや楽天でネットショッピングをするのと変わらないものです。また、ニナゾールは1錠あたり50円程度と非常に安く購入することができます。

この入手の手軽さは国内認可の医薬品であるニゾラールにはないものです。ニゾラールを手にするためには、クリニックに出向く手間があります。医師による処方せんがないと購入できないためですね。

また、カンジタ症などの性病の治療に関しては一部のクリニックでは保険適用されないこともあります。その場合は、薬代もばかにならなくなってしまいます。

ニゾラールのこの入手にあたっての手間と価格のコストを考慮すると、多くの人がニナゾールの海外通販を選びます。いざという時のための抗真菌薬のまとめ買いなどにもおすすめできるものです。

>>ケトコナゾールのお得な通販はこちら<<

ケトコナゾールジェネリックの副作用

ニナゾールはトリアゾール系の抗真菌薬に分類されます。トリアゾール系の抗真菌薬の副作用としては以下のようなものが報告されています。

  • 消化器症状:腹痛、吐き気、下痢、食欲不振など
  • 皮膚症状:発疹やかゆみなど
  • 肝機能障害:倦怠感、発熱、黄疸など

トリアゾール系の抗真菌薬は副作用が軽いことで知られています。したがって、用法用量をきちんと守ることによって、ニナゾールは安心して服用することのできる医薬品です。アナフィラキシーショックなどの思い副作用の症例がないわけではありませんが、極めてまれなケースとなります。

過去に肝臓の病気を患っていた場合には、肝機能障害の副作用が強く出る場合があります。心当たりがある方は、ニナゾールを服用する前に主治医に確認しておくようにしましょう。

肝機能に異常がある(あった)場合には、最初からいきなり自己責任で海外製のニナゾールを服用するのは避けましょう。医師のOKが出てからのほうが安心です。

ケトコナゾールジェネリックの飲み方

ニナゾールの飲み方は、治療の対象が皮膚真菌(水虫など)であるかカンジタ症であるかによって変わってきます。基本的な用法用量は次のようになります。

  • 皮膚真菌症(水虫など):1日1回200mg(1錠)を服用
  • カンジタ症:1日1回400mg(2錠)を食後に服用

多くの場合において、この用法用量にしたがってニナゾールを服用することによって水虫やカンジタの症状は完治することになります。完治までにかかる期間としては、だいたい1週間から2週間ほどです。

カンジタ症は完治の判断が難しいので、不安がある場合にはクリニックに出向き医師のチェックを受けたほうが確実です。

また、年齢や症状の程度によってもニナゾールの用法用量は変わってきます。症状がより重く進行してしまっている場合には、服用量を増やすことが必要になります。

まずは上記の基本的な用法用量で飲み始めて、その後1週間から2週間たっても症状が完治しない場合には服用量の増量も検討するようにしましょう。

ケトコナゾールジェネリックの飲み合わせ

ニナゾールに限らずトリアゾール系の抗真菌薬には、飲み合わせの悪い医薬品があります。併用が禁止されているわけではありませんが、重い副作用のリスクを高めてしまう可能性があります。

今現在、服用中の薬がある方は、ニナゾールを飲み始める前に自分が服用している薬とニナゾールとの飲み合わせについてチェックしておくようにしましょう。

  • ワルファリン(ワーファリン):血栓症の治療薬
  • コルヒチン:痛風やベーチェット病の治療薬
  • カルシウム拮抗薬:高血圧の治療に使う薬
  • シクロスポリン(サンディミュン、ネオーラル):免疫抑制薬

このようにさまざまな医薬品がニナゾールなどのトリアゾール系抗真菌薬の併用注意薬に指定されています。正直なところ、私たち素人にはその全貌を把握するのは困難です。

もし、自分が常用している医薬品とニナゾールとの飲み始めせに不安がある場合には、自分で判断せずに医師や薬剤師などの専門家の判断を仰ぐようにしましょう。

ケトコナゾールジェネリックの体験談

ニナゾールは海外通販サイトを利用し個人輸入をしなければ入手することはできません。この海外通販に対して不安や疑問を覚えている方も多いかと思います。そのような場合は、ネット上でシェアされている体験談をチェックするようにしましょう。

実際に利用している方の声というのは、時として何よりも参考になるものです。以下、海外通販サイトに投稿されていたニナゾールの利用者の声を抜粋して紹介します。興味がある方は、ぜひチェックしてみて下さいね。

32歳女性

仕事とプライベートで疲労が溜まった時期があり、カンジタ症になってしまいました。とにかく夜もまともに眠れないほどにかゆくて困ってしまいました。

最初はクリニックに通って膣薬を処方してもらっていました。が、膣薬はどうも私には合わなかったようです。で、色々と探して行き当たったのが内服薬としてカンジタ症の治療ができるこのニナゾールです。

注文から手元に届くまでは、だいたい10日間ぐらいだったと思います。到着してすぐに飲み始めました。膣薬よりも手軽なので重宝しています。

飲み始めて5日間から1週間もするとカンジタの症状はすっかり良くなっていました。今は再発に備えて常備している状態です。1錠あたりの単価も安いし、ニナゾールにはおおむね満足しています。

まとめ:ニナゾールは内服できるケトコナゾール

ニナゾールは有効成分ケトコナゾールを配合した抗真菌薬です。水虫やカンジタ症の治療に効果があります。海外製の医薬品となります。日本国内での認可はされていません。そのため、ニナゾールを手にするためには海外通販サイトから個人輸入をする必要があります。

有効成分ケトコナゾールを含有している医薬品で日本国内で認可されているものには、ニゾラールがあります。ニゾラールにはクリームとローションの2タイプがあります。

内服できるタイプのニゾラールはありません。有効成分ケトコナゾールの内服薬が欲しいならば、ニナゾールを購入するしかないということです。

海外通販というとハードルが高く感じるかもしれません。しかし、実際にはAmazonや楽天でのネットショッピングと変わりありません。ニナゾールは1錠あたり50円程度と安価に購入できます。手間とお金のコストを抑えるという意味でも海外通販でのニナゾールの購入はおすすめです。

>>ケトコナゾールのお得な通販はこちら<<

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

ニナゾール
Average rating:  
 0 reviews

-カンジタ症, ケトコナゾール, ニナゾール, 水虫・たむし
-, , , , , , ,

Copyright© 性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ , 2018 All Rights Reserved.