性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ

クレンナビは性病と感染症についての専門サイトになります。性病といっても多くの種類があるので正しい知識と対処法を知る事で症状が悪化するまに改善することができます。

シプロ(シフロキシン) 淋病

シプロ(シフロキシン)で淋病を治す!その飲み方と副作用は?

更新日:

本記事では、抗生物質であるシプロ(シフロキシン)についてまとめていきます。シプロ(シフロキシン)はシプロキサンのジェネリック医薬品になります。

有効成分は両者ともにシプロフロキサシンになります。シプロフロキサシンはニューキノロン系とよばれる抗生物質のひとつです。シプロ(シフロキシン)は、副作用のリスクも少ない抗生物質なります。

シプロ(シフロキシン)の適応症としては以下のようなものがあります。

  • 淋病
  • 尿道炎
  • 膀胱炎
  • リンパ管・リンパ節炎
  • 手術などでの二次感染
  • 咽頭・喉頭
  • 肺炎
  • 急性気管支炎
  • 中耳炎
  • 炭疽

たくさんの感染症の治療シプロ(シフロキシン)は利用されています。日本国内からシプロフロキサシンを入手するためには、海外通販サイトから個人輸入をする必要があるので注意しましょう。

>>シプロのお得な通販はこちら<<

シプロ(シフロキシン)とは?

シプロ(シフロキシン)は、シプロキサンのジェネリック医薬品になります。有効成分はシプロキサンと同じシプロフロキサシンです。似たような名前でややこしいですね。まとめると以下のようになります。

  • 有効成分:シプロフロキサシン
  • 先発薬:シプロキサン
  • ジェネリック医薬品:シプロ(シフロキシン)

本記事では、このジェネリック医薬品であるシプロ(シフロキシン)についてまとめていきます。

海外製の医薬品のため戸惑うかもしれませんが、シプロもシフロキシンも同じ医薬品になります。どちらにも同じ抗菌効果を期待できるものです。

シプロ(シフロキシン)は先発薬であるシプロキサンと同じく、淋病や尿道炎の治療に効果のある医薬品となっています。海外通販で購入できるので、自宅にいながらにして淋病治療がしたいという方におすすめの抗生物質となります。

シプロ(シフロキシン)の効果

繰り返しになりますが、シプロ(シフロキシン)の有効成分はシプロフロキサシンになります。ニューキノロン系とよばれる抗生物質となります。

強い抗菌力があり、さまざまな細菌感染症の治療に効果があります。シプロフロキサシンの適応症としては、以下のようなものがあります。

  • 淋病
  • 尿道炎
  • 膀胱炎
  • リンパ管・リンパ節炎
  • 手術などでの二次感染。
  • 咽頭・喉頭
  • 肺炎
  • 急性気管支炎
  • 中耳炎
  • 炭疽

シプロフロキサシンは、ニューキノロン系の抗生物質でも古くから使用されているものです。そのため、一部の細菌はシプロフロキサシンに耐性を持ち始めているという指摘もあります。

しかし、今でも上記のような感染症の治療に使われており、一定の治療効果を発揮しているのは事実です。また、ペニシリン系やセフェム系の抗生物質にアレルギーがある人でもシプロフロキサシンならば使用できるので重宝されています。

シプロ(シフロキシン)の特徴

シプロ(シフロキシン)の特徴としては、インド製のジェネリック医薬品ということです。

インド製のジェネリック医薬品は、別サイトの「薬販売での日本と海外の法律の違いと日本の異常な厳しさ」という記事でもまとめられているように、高品質&低価格で知られています。

これに関してはシプロ(シフロキシン)も同じです。先発薬であるシプロキサンと同じ質を保ちつつ、1錠130円程度で購入することが出来ます。

また、海外製の医薬品ということもありシプロ(シフロキシン)は、国内では認可を受けておらず流通もしていません。そのため、購入するにあたっては海外通販サイトから個人輸入をすることができます。

個人輸入ならば、自己責任である代わりに、ネットショッピング感覚で通販することができます。クリニックに行かない・行きたくないという方でもニューキノロン系抗生物質を手に入れられるということですね。

>>シプロのお得な通販はこちら<<

シプロ(シフロキシン)の副作用

シプロ(シフロキシン)の有効成分であるシプロフロキサシンは、副作用の少ない抗生物質として知られています。後述する用法・用量を守っていれば、基本的に安全に服用することが出来ます。

しかし、そうはいってもシプロフロキサシンは医療用医薬品です。副作用のリスクがゼロというわけではありません。報告されている副作用には次のようなものがあります。

  • 皮膚症状:発疹、じんましん、光線過敏症
  • 胃腸症状:下痢、軟便、吐き気
  • 精神症状:めまい、頭痛、眠気

これらの副作用は仮に発症したとしても軽度なものです。

もし、副作用の症状が長期にわたる場合や重くなってしまった場合はすぐにシプロ(シフロキシン)の服用を止めるようにしましょう。そして、専門医の診察を受けることをおすすめします。

シプロ(シフロキシン)の飲み方

シプロ(シフロキシン)の飲み方としては、1錠を1日1回となります。これを10日間から2週間程度継続します。この飲み方をすることで、身体に感染してしまっている淋菌などの細菌を死滅させることが出来ます。

もし、1日1錠を2週間繰り返しても症状の改善が全くみられない場合は、シプロ(シフロキシン)の服用を止め、専門医の診察を受けに行くようにしましょう。

シプロ(シフロキシン)は1錠で750mgの有効成分が含有されています。この量は、シプロフロキサシンについて解説してあるサイトに記載されている1回の推奨量より多くなっています。

旧来のサイトでは1回100mgから200mgのシプロフロキサシンと記載されているかと思います。

しかし、前述のように、シプロフロキサシンに耐性のある細菌が増えてきています。なので、現在は1日あたりの摂取量としては750mgに増量されています。

シプロ(シフロキシン)の飲み合わせ

シプロ(シフロキシン)の有効成分であるシプロフロキサシンには、飲み合わせの悪い医薬品があります。

今現在、常用している医薬品がある方は、事前にシプロフロキサシンとの飲み合わせをチェックするようにしましょう。シプロフロキサシンとの飲み合わせの悪い医薬品には以下のようなものがあります。

  • ケトプロフェン坐剤などの鎮痛薬:けいれんのリスクが高まる
  • アルミニウムやマグネシウムを含む制酸剤:シプロフロキサシンの効果が弱まる
  • 高リン血症治療剤の炭酸ランタン:シプロフロキサシンの効果が弱まる

これらの他にも、シプロフロキサシンには飲み合わせの悪い医薬品が多数あります。細かく分類されているので、素人ではその全てを把握することは難しいのが実際のところです。

もし、自分の服用している薬とシプロフロキサシンとの飲み合わせに少しでも不安や疑問がある場合には専門医に確認をとるようにしましょう。

シプロ(シフロキシン)の体験談

前述したように、シプロ(シフロキシン)はインド製のジェネリック抗生物質です。一度使ってみればその品質の高さとコスパの良さに気づくことが出来ます。

しかし、初めてインド製ジェネリック医薬品を個人輸入する人にとっては、なかなかハードルが高いことかもしれません。騙されたり、粗悪品を掴まされることを心配する方も少なくはないでしょう。

そのような方におすすめなのが、ネット上で公開されているシプロ(シフロキシン)の購入者の体験談をチェックすることです。自分と同じ悩みを抱えている人の声は何よりも参考になるものです。

シプロ(シフロキシン)に興味があるけど、なかなか注文する決断が出来ない人はぜひチェックしてみて下さいね。以下、大手海外通販サイトに投稿されていたシプロ(シフロキシン)のレビューを抜粋して引用します。

38歳男性

最近になって淋病にかかった時にシプロ(シフロキシン)にお世話になりました。淋病の感染源はおそらくピンサロに通っていたことが原因かなと思います。

ピンサロは非衛生的だということは知識では知ってはいたのですが、いざ自分が性病にかかると慌ててしまってダメでした。排尿時の痛みがかなりしんどかったです。

で、ネットで色々と検索しみたところ、海外製の医薬品ならばクリニックに出向くこともなく淋病を治療できるとのことを知りました。

諸事情からクリニックに行くこともできていなかったので、通販で効果がある医薬品を入手できるのは嬉しいことです。

見つけてから、すぐに注文をしました。注文してから手元に届くまではだいたい10日間ぐらいかかった思います。海外からの発送なので、これだけ待たされるのは織り込み済みでした。

そして、実際に到着してから飲み始めると、あれほど苦痛だった淋病の症状がまたたく間におさまってしまいました。

今後も風俗を止めることはないと思います。なので、今回完治してもまた同じく淋病にかかることもあるでしょう。そのような時のために、今のうちからシプロフロキサシンを多めに購入しストックしておこうと思います。

今回は注文してからしばらく淋病の症状の放置をしてしまいました。しかし、常備薬としてシプロ(シフロキシン)をまとめ買いをしておくことで、発症の兆候を感じた瞬間に服用して早め早めの行動をしていきます。

まとめ:シプロ(シフロキシン)は淋病に効く抗菌薬

シプロ(シフロキシン)はシプロキサンのジェネリック医薬品です。有効成分はニューキノロンの系抗生物質のシプロフロキサシンになります。シプロフロキサシンの適応症としては以下のとおりです。

  • 淋病
  • 尿道炎。
  • 膀胱炎
  • リンパ管・リンパ節炎
  • 手術などでの二次感染。
  • 咽頭・喉頭
  • 肺炎
  • 急性気管支炎
  • 中耳炎
  • 炭疽

これらの治療にシプロ(シフロキシン)は役に立ちます。

シプロ(シフロキシン)はインド製のジェネリック医薬品です。入手するためには、海外通販サイトから個人輸入をする必要があります。海外通販サイトは楽天やAmazonで買物をするかのように、手軽に医薬品を購入することができます。

「クリニックに行く暇がない」
「クリニックが嫌いで行きたくない」
「家族や会社にバレずに抗生物質を入手したい」

このような悩みを抱えつつ淋病などを患っている人にはシプロ(シフロキシン)をおすすめします。

>>シプロのお得な通販はこちら<<

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

Average rating:  
 0 reviews

-シプロ(シフロキシン), 淋病
-, , , , , ,

Copyright© 性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ , 2018 All Rights Reserved.