性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ

クレンナビは性病と感染症についての専門サイトになります。性病といっても多くの種類があるので正しい知識と対処法を知る事で症状が悪化するまに改善することができます。

シリケンVK 梅毒 淋病

シリケンVK(フェノキシメチルペニシリン)は海外製の抗生物質!その特徴と体験談は?

更新日:

本記事では、ペニシリン系の抗生物質であるシリケンVKについてまとめていきます。シリケンVKの有効成分はフェノキメチルペニシリンです。以下のような感染症の治療に効果があります。

  • 淋病
  • 梅毒
  • 気管支炎
  • 肺炎
  • 中耳炎
  • 歯周炎
  • 扁桃炎
  • リンパ節炎

シリケンVKは海外製の医薬品です。そのため、日本国内では流通していません。そのため、医師によって処方される抗生物質と違い、海外通販サイトから個人輸入する必要があります。

海外通販サイトでの医薬品の購入はネットショッピングと何ら変わりなく手軽です。また、シリケンVKは価格も1錠あたり50円と非常にお得になっています。

「抗生物質のまとめ買いがしたいけど、クリニックでは少量しか処方してくれず困っている」
「クリニックに行く手間を省いて抗生物質を入手したい」

このような思いを抱いている方におすすめなのがシリケンVKになります。

>>シリケンVKのお得な通販はこちら<<

シリケンVK(フェノキシメチルペニシリン)とは?

シリケンVKは海外製のペニシリン系抗生物質です。有効成分はフェノキメチルペニシリンです。

日本国内では認可されていないため、商品名のシリケンVKにしても有効成分名のフェノキメチルペニシリンにしてもあまり知名度は高くありません。しかし、海外では他のペニシリン系抗生物質と同じくさまざまな感染症の治療に使用されています。

シリケンVKは国内では流通していません。そのため、入手にあたっては海外通販サイトから個人輸入をする必要があります。服用にあたっては自己責任となるものの、ネットショッピング感覚で抗生物質を入手できるという手軽さから多くの人がシリケンVKを手にしています。

「ペニシリン系抗生物質を探しているがクリニックに行く暇がない」

このような方におすすめできるのがシリケンVKになります。

シリケンVK(フェノキシメチルペニシリン)の効果

繰り返しになりますが、シリケンVKの有効成分はフェノキメチルペニシリンになります。サワシリン(アモキシシリン)やユナシン(スルタミシリントシル酸塩水和物)などと同じくペニシリン系の抗生物質になります。

シリケンVKの有効成分であるフェノキメチルペニシリンは以下のような感染症の治療に効果があります。

  • 淋病
  • 梅毒
  • 気管支炎
  • 肺炎
  • 中耳炎
  • 歯周炎
  • 扁桃炎
  • リンパ節炎

フェノキメチルペニシリンは身体に感染してしまっている細菌の細胞壁を破壊することによって死滅させる効果があります。

ペニシリン系の抗生物質はもともと酸に弱く、錠剤として口から服用するのには向いていない薬剤でした。それを改良し内服薬として使えるようにしたのがシリケンVKです。

錠剤なので携帯しやすく、いざという時のために海外旅行にシリケンVK持っていく方も多いようです。

シリケンVK(フェノキシメチルペニシリン)の特徴

シリケンVKと他の抗生物質との一番の違いとしては、その入手方法の手軽さにあります。

国内認可されている抗生物質は基本的に医療用医薬品です。医師による処方せんがないと購入することは出来ないということですね。ネット通販や街中のドラッグストアでの販売はされていません。面倒でもクリニックに出向き診察を受けなければいけないということです。

一方のシリケンVKは、海外製の抗生物質です。そのため、入手するためには海外通販サイトから個人輸入をする必要があります。国内未認可の医薬品であるため服用にあたっては自己責任となります。

しかし、ネットショッピング感覚で安価に購入できるという利点があります。旅行用や備蓄用にまとまった量の抗生物質が欲しいなどという時にも重宝するのが海外通販です。

>>シリケンVKのお得な通販はこちら<<

シリケンVK(フェノキシメチルペニシリン)の副作用

他のペニシリン系の抗生物質と同様にシリケンVKにも一定の副作用のリスクがあります。代表的な副作用としては、アレルギー反応、腎障害、消化器症状の3タイプがあります。

ペニシリン系抗生物質のアレルギー症状は次のようなものです。

  • 皮膚のかゆみ
  • じんましん
  • 声のかすれ
  • くしゃみ
  • 息苦しさ
  • 動悸
  • 意識が朦朧とする

副作用としての腎障害は次のようなものがあります。

  • 発熱
  • 発疹
  • 関節の痛み
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 腹痛
  • むくみ

副作用としての消化器症状には次のようなものがあります。

  • 下痢
  • 軟便
  • むかつき
  • 胃もたれ

もしこれらの副作用の症状が重くでてしまったら、すぐにシリケンVKの服用を止めましょう。シリケンVKの服用を止めても体調が戻らない場合には、すみやかに最寄りの専門医を受診することをおすすめします。

シリケンVK(フェノキシメチルペニシリン)の飲み方

シリケンVKは海外製(イギリス製)の抗生物質になります。そのため、日本国内では認可されておらず明確な服用にあたってのガイドラインはありません。なので、参考までに、イギリスにおけるシリケンVKの用法用量について紹介いたします。

「250mg~500mgを6時間ごとに服用する」

これがシリケンVKの基本的な飲み方です。1錠あたり250mgなので、1回1~2錠を飲むことになります。また、海外基準だと日本人には服用量が多すぎる場合があります。もし、副作用が強めに出てしまう場合には、ピルカッターなどを利用し1度に服用する量を調整するようにしましょう。

なお、リウマチ熱の長期予防のためにシリケンVKを用いる場合には、1日1回250mgの服用となります。一般的なシリケンVKの飲み方よりも用量が少なくなっているので注意するようにしましょう。

シリケンVK(フェノキシメチルペニシリン)の飲み合わせ

ペニシリン系の抗生物質には飲み合わせの悪い医薬品があります。

ひとつ目は、血栓症の治療に使用されるワーファリンです。シリケンVKなどペニシリン系の抗生物質とワーファリンとを一緒に服用してしまうと、ワーファリンの身体への効き方が強くなることが報告されています。

重い副作用が発症する可能性もあるので、シリケンVKとワーファリンとを併用するときには注意を払うようにしましょう。

ふたつ目は、エストロゲン含有した経口避妊薬です。ピルやOCなどとよばれるものですね。以下のような商品があります。

  • ルナベル
  • フリウェル
  • ヤーズ

これらの経口避妊薬とシリケンVKなどのペニシリン系抗生物質とを一緒に服用してしまうと経口避妊薬の効果が弱まってしまう可能性があります。なので、シリケンVKを服用するときには、別の避妊方法を用意しておくことが必要になります。

シリケンVK(フェノキシメチルペニシリン)の体験談

「海外通販を使ってシリケンVKなどの抗生物質をかってみたいけど、なかなか決心がつかない」

このような方は少なくないと思います。たしかに、初めて利用する人によっては海外通販はハードルがなかなかに高いものかもしれません。日本で認可されていない医薬品ということもあり不安もあるかと思います。

そのような時には、ネット上でシェアされている体験談をチェックしてみましょう。自分と同じ悩みを抱えていた人の経験というのは、何よりも参考になるものです。

以下にも、ネットで見つけたシリケンVKを海外通販した人の体験談を抜粋して紹介します。シリケンVKの購入・服用に不安や疑問を抱えている方は、ぜひ確認してみて下さいね。

34歳男性

出会い系や風俗をよく利用しているのですが、やはり怖いのは性感染症です。ネットニュースで日本で淋病や梅毒が猛威を振るっているということを知り、どうしようもない不安を感じていました。

とはいえ、女性関係の遊びを止める気にはなれないし。そんな中、守り代わりに海外通販でシリケンVKを購入することにしました。常備薬としていつも手元においてあります。

ネットで海外製の医薬品を購入するというのは、初めての経験でした。想像していたよりもあっさりと購入できてしまったので拍子抜けしています。だいたい注文から10日ほどで配達されてきました。

1錠あたりの価格も50円程度と非常にリーズナブルかと思います。クリニックだとなかなか備蓄分まで大量に処方してもらうことは出来ないので、海外通販は使い勝手が良いなと思いました。

シリケンVKは日本では馴染みのない抗生物質ですが、ネットで調べると海外ではよく利用されており知名度も高いようですね。日本人でも多くの人がシリケンVKを個人輸入しているみたいです。

「いざという時にはシリケンVKがある」

これは心の拠り所になるものです。不安なく女遊びが出来るので、同志の方にはおすすめします。

まとめ:シリケンVKはおすすめのペニシリン系抗生物質

シリケンVKはペニシリン系の抗生物質です。有効成分はフェノキメチルペニシリンになります。以下のような感染症の治療に効果があります。

  • 淋病
  • 梅毒
  • 気管支炎
  • 肺炎
  • 中耳炎
  • 歯周炎
  • 扁桃炎
  • リンパ節炎

シリケンVKは海外製の医薬品になります。そのため、日本国内には流通していません。手に入れようと思ったら、海外通販サイトから個人輸入をする必要があります。

海外通販サイトでの医薬品の購入は、Amazonや楽天でサプリメントを購入するのとさほどかわりません。ネット環境があれば、クリックひとつで抗生物質を安価に購入することができます。

「いざという時のために抗生物質をまとめ買いしたい」
「医師がなかなか抗生物質を処方してくれなくて困っている」

このような方におすすめしたいのが、海外通販サイトで購入できるシリケンVKです。

>>シリケンVKのお得な通販はこちら<<

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

シリケンVK(フェノキメチルペニシリン)
Average rating:  
 0 reviews

-シリケンVK, 梅毒, 淋病
-, , , , , , ,

Copyright© 性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ , 2018 All Rights Reserved.