性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ

クレンナビは性病と感染症についての専門サイトになります。性病といっても多くの種類があるので正しい知識と対処法を知る事で症状が悪化するまに改善することができます。

チニダゾール トリコモナス症 ファシジン

ファシジン(チニダゾール)はトリコモナスの第一選択薬!その効果と飲み合わせは?

更新日:

本記事では、トリコモナス症の治療薬であるファシジン(日本名:チニダゾール)についてまとめていきます。ファシジン(チニダゾール)はトリコモナス症の第一選択薬です。

感染が確認されたら最初に処方される医薬品ということです。副作用が少なく、かつトリコモナス症への治療効果も確かなものがあります。トリコモナス症は抗生物質の服用以外では治療できません。早期の段階でファシジン(チニダゾール)などを飲むことが必要となります。

日本で流通しているチニダゾールは、医師の処方せんなしでは手にすることの出来ない医薬品です。そのため、泌尿器科や婦人科のクリニックへ出向き、専門医の診察を受けることが必要となります。

このクリニックへ行く手間を省くためには、海外通販でファシジンを購入しましょう。チニダゾールと同じ医薬品である海外製のファシジンを、ネットショッピングのように手軽に個人輸入することができます。

>>ファシジンのお得な通販はこちら<<

ファシジン(チニダゾール)とは?

ファシジンはアメリカのファイザー社が製造・販売をしている抗生物質です。日本国内では有効成分名である「チニダゾール」という名称で流通をしています。ファシジン(チニダゾール)は、性感染症のひとつであるトリコモナス症の治療に効果があります。

トリコモナスはトリコモナス原虫に感染することで発症する性感染症です。女性に多い性感染症ですね。クラミジアや淋病といったよりメジャーな性感染症と比べるとそこまで知名度は高いものではありません。

このトリコモナス症の治療のためには、薬物療法が欠かせません。本記事でまとめているファシジン(チニダゾール)などの抗生物質を服用しないことにはトリコモナス症を治療することが出来ない厄介な性感染症です。自然治癒することはないということですね。

治療薬に指定されている抗生物質を服用しないと、体内でトリコモナス原虫が際限なく増殖していくことになります。その結果、ひどくなると女性の流産のリスクを引き上げたります。そんなトリコモナスの第一選択薬として処方されるのが日本ではチニダゾールとよばれるファシジンです。

ファシジン(チニダゾール)の効果

トリコモナス症の第一選択薬であるということは、トリコモナス症の感染が発覚した場合に真っ先に処方される薬がファシジンであるということです。

一般的に第一選択薬には、その症状に対して有効性が高く副作用が少ない薬が採用されます。それだけファシジン(チニダゾール)にはトリコモナス症の原因となるトリコモナス原虫の体内での増殖の抑制・死滅への効果が認められているということですね。

トリコモナス症の症状は、男性の場合は無症状の場合が多いのですが、女性の場合はつらい症状が多くあらわれます。

  • 外陰部のかゆみ・ひりひり感やただれ
  • 悪臭の強い黄緑色の泡立ったおりもの
  • セックス時や排尿時の痛みや不快感

これらの症状を引き起こすトリコモナス原虫を7日から10日ほどの服用で死滅されるのがファシジンの効果です。自然治癒が見込めないトリコモナス症の治療には不可欠の医薬品となります。

ファシジン(チニダゾール)の特徴

ファシジン(チニダゾール)は処方箋医薬品です。専門医による処方の支持がなければ購入することは出来ないということですね。

そのため、街中のドラッグストアなどで市販薬として購入することは出来ないものです。面倒でも、男性の場合は泌尿器科、女性の場合は婦人科がある最寄りのクリニックを訪れるようにしましょう。

繰り返しになりますが、トリコモナス症は自然治癒が出来ない感染症です。投薬による対処が遅れれば遅れるほどに症状は悪化していきます。なので、トリコモナス症の感染を自覚したら、早急に専門医のいるクリニックを訪れる必要があります。

「どうしてもクリニックへ行く時間がとれない」
「クリニックへ行く手間が面倒すぎる」

このような方は、海外製のファシジンの個人輸入で対処するしかありません。海外通販サイトを利用することによって、手軽にトリコモナス症の治療薬を手にすることが出来ます。

ただ、最初は手間でもクリニックへ行き、医師の診断を受けることをおすすめします。海外通販を利用するのは、再発をした場合など、ある程度慣れてからのほうが安全です。

>>ファシジンのお得な通販はこちら<<

ファシジン(チニダゾール)の副作用

トリコモナス症の第一選択薬に採用されていることからも分かるように、ファシジン(チニダゾール)は副作用の少ない医薬品となっています。そのため、定められた用法用量をきちんと守ることで、安全にトリコモナス症の治療を行うことが出来ます。

ただ、医療用医薬品であり、一定の身体への負担があるのは事実です。国内認可にあたっての臨床試験では以下のような症状が報告されています。

  • 食欲不振
  • 胃の不快感
  • 吐き気
  • 下痢
  • 腹痛

体内の細菌に影響を与える抗生物質なので、胃腸に関する副作用が報告されていますね。

また、妊婦の方のファシジン(チニダゾール)の服用は、胎児への成分の移行してしまうリスクがあります。そのため、妊娠中の投与に関しては安全が確立されていません。妊娠3ヵ月以内の場合はファシジン(チニダゾール)の服用は認められていないので注意しましょう。

ファシジン(チニダゾール)の飲み方

ファシジン(チニダゾール)の飲み方には以下の2通りがあります。

  • 1回200mgを1日2回、7日間服用する
  • 2000mgを1度に服用する

7日間に分けて少量を飲み続ける方法と一度にまとめて飲む方法ですね。この治療を経てもトリコモナス症が癒えない場合は、1週間ほどの間隔を空けてから再服用となります。

用法用量はトリコモナス症の症状の程度によって異なってきます。なので、最初は医師に判断してもらうのが良いでしょう。自分の判断で用法用量を間違ってしまうと、いつまでも症状が治らずに悪化していったり、重い副作用に悩まされるリスクを高めてしまったりする可能性があります。

繰り返しになりますが、海外通販サイトでファシジンを購入するのは、ファシジン(チニダゾール)の取扱いに慣れてからがおすすめとなります。

最初はクリニックで医師の指導を受けトリコモナス症に対処する。その後、再発などしてしまった時には海外通販で自分で対処する。このような方針を個人的にはおすすめします。

ファシジン(チニダゾール)の飲み合わせ

ファシジン(チニダゾール)の取り扱い説明書には飲み合わせの悪い併用注意薬や併用禁忌薬については明記されていません。しかし、ファシジン(チニダゾール)は血液に強い影響を与えることがあります。

そのため、血液疾患のある人、てんかんのある人、けいれんを起こしやすい人の服用には注意が必要となります。服用の前に主治医に相談するようにしましょう。

また、アルコールとファシジン(チニダゾール)との併用には注意が必要です。ファシジン(チニダゾール)を服用しているとアルコールに悪酔いしやすくなります。

そのため普段よりも以下のようなアルコール摂取後の症状に悩まされることがあります。

  • 吐き気や胸のむかつき
  • 腹痛
  • 頭痛
  • 動悸
  • 顔のほてり

酒の摂取やアルコール分を含むエリキシル剤の服用には注意が必要です。

ファシジン(チニダゾール)の体験談

以下、ネットでシェアされているファシジンの服用に関する体験談を引用します。

「日本のクリニックで処方してもらうのではなく、海外から個人輸入する」

このことに不安や疑問を抱いている方もいるかと思います。そんな方は、ぜひ以下の体験談を参考にして下さい。多くの方がネットでファシジンを購入し、やっかいなトリコモナス症の治療を行っています。

27歳女性

過去にトリコモナスにかかった時には、婦人科にいってお薬を処方してもらい治療してしました。その後、再発してしまい、その時は病院へ行くのが嫌だったので、ネットでファシジンを購入し対処しています。

トリコモナスになるとあそこが非常にかゆくなり、悪臭もするし、本当につらいです。近場に信頼できる婦人科のクリニックもないので、処方してもらいに遠征するのも面倒で困っていました。

その点、ネット通販ならば楽天とかでネットショッピングをする感覚でトリコモナスの薬を購入することが出来るので、非常に重宝しています。常備薬として手元に置くことが出来るので、いざ再発しても初期段階で対処できます。

私の場合、ファシジンならば、だいたい1週間ほどで症状はおさまります。外国の薬のためか1錠が大きく飲み込むのには苦労していますが、それ以外には問題はありません。

まとめ:トリコモナス症の再発にはファシジンを

ファシジンはトリコモナス症の治療薬です。日本では有効成分の名前であるチニダゾールの名で流通しています。性感染症であるトリコモナス症は自然治癒ができません。

ファシジンをはじめとする治療薬の服用が不可欠となります。日本で流通をしているチニダゾールは、処方薬であり、手にするためには医師の診断を受ける必要があります。市販薬としてドラッグストアなどでは購入できません。

海外製のファシジンはこの日本で出回っているチニダゾールと同じ医薬品です。この薬は海外通販サイトを利用し個人輸入することで手にすることがでいます。

初めてトリコモナス症になった方は、指導を受けるためにクリニックに行くことをおすすめします。しかし、トリコモナス症の再発などの場合には海外通販が手軽かつ安価でおすすめです。

>>ファシジンのお得な通販はこちら<<

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

ファシジン(チニダゾール)
Average rating:  
 0 reviews

-チニダゾール, トリコモナス症, ファシジン
-, , , ,

Copyright© 性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ , 2018 All Rights Reserved.