性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ

クレンナビは性病と感染症についての専門サイトになります。性病といっても多くの種類があるので正しい知識と対処法を知る事で症状が悪化するまに改善することができます。

トリコモナス症 フラジール

フラジールでトリコモナス治療!その効果・副作用と体験談は?

更新日:

本記事では、トリコモナス症の特効薬であるフラジールについてまとめていきます。

フラジールの有効成分はメトロニダゾールです。この成分を服用することによって、体内で増殖してしまったトリコモナス原虫を死滅させることが出来ます。周囲の善玉の細菌や原虫に影響を与えることはないので、副作用も少なく安全に使うことのできる抗生物質です。

トリコモナス症は再発のしやすい感染症です。再発したときに、わざわざクリニックへ再び行くのは面倒という方もおられるかもしれません。そのような方におすすめしたいのが、海外通販サイトを利用してのフラジールの個人輸入です。

フラジールの取扱いに慣れている方は、この海外製のフラジールの個人輸入を活用することにより、クリニックへ行く手間や薬購入のコストなどを大幅にカットし得することができます。

>>フラジールのお得な通販はこちら<<

フラジールとは?

フラジールは抗生物質のひとつです。感染してしまった身体に害のある原虫や細菌を除去するために用いられます。後述するように、フラジールはさまざまな原虫や細菌の感染症の治療に使われています。

そのような中で、本記事では、トリコモナス症の治療薬というフラジールの一側面を中心にまとめていきます。ラジールはトリコモナス症の治療における第一選択薬であり、特効薬となっています。

フラジールは、他のトリコモナス症の治療薬と同じように、市販化はされていません。つまり、入手するためには、泌尿器科や婦人科のあるクリニックを訪れ、専門医に処方せんを書いてもらう必要があるということですね。

クリニックに行く時間を割くことが出来ないという場合は、海外通販サイトで個人輸入をしましょう。ネットショッピング感覚でフラジールを手にすることが出来ます。

フラジールの効果

フラジールの有効成分はメトロニダゾールです。メトロニダゾールは病気を引き起こしている細菌や原虫の増殖を抑え、死滅させる効果があります。抗菌薬・抗原虫薬とよばれる医薬品ですね。

フラジールを服用することによって体内に取り込まれたメトロニダゾールは、感染しているトリコモナス原虫の中に入り込みます。その後、トリコモナス原虫の内部でメトロニダゾールは、ニトロソ化合物(R-NO)という有機化合物に姿を変えます。

このニトロソ化合物は取り付いているトリコモナス原虫のDNAを切断しバラバラにします。DNAにはその生命体の根幹をなす設計図のようなものです。そのDNAが切断され適切に機能できなくなると、もうそれ以上の生命活動をすることが出来なくなります。

その結果として、トリコモナス原虫は増殖することが出来なくなり死滅していきます。このように、メトロニダゾールはトリコモナス原虫の遺伝情報を攻撃することによってそれ以上の繁殖を防ぎ、トリコモナス症の症状を治療していくものです。

フラジールの特徴

フラジールはトリコモナス症の特効薬ですが、トリコモナス症の治療にしか使われない医薬品ではありません。フラジールの抗菌効果・抗虫効果は他の多くの病気においても効果を発揮します。

フラジールは生育に酸素を必要としない嫌気性菌に特に効果があります。そのため、嫌気性菌が引き起こす感染症の治療に広く使用されます。具体的には、トリコモナス症の他にも、以下のような菌や虫に効果があります。

  • ヘリコバクターピロリ菌:胃炎や胃潰瘍の原因菌
  • クロストリジウム・ディフィシル菌:偽膜性大腸炎の原因菌
  • 赤痢アメーバ:消化管の感染症であるアメーバ赤痢の原因となる原虫
  • ランブル鞭毛虫:ジアルジア症の原因となる原虫
  • ニキビダニ:毛包虫症の原因となる原虫

また、フラジールには、これら病気の原因となる細菌や原虫にのみ作用するという特徴もあります。細菌剤・抗虫剤ではありますが、身体にとって有益な善玉とよばれる細菌や原虫をも一緒に死滅させてしまうことはありません。

この使い勝手の良さゆえに上記のような多くの感染症の治療に使用されているという側面もあります。

>>フラジールのお得な通販はこちら<<

フラジールの副作用

フラジールは副作用の少ない医薬品です。そのため、定められた用法用量をきちんと守ることによって安全に使用することが出来るものです。

ただ、医療用医薬品であるために、副作用のリスクはゼロというわけではありません。認可にあたって行われる臨床試験においては、以下のような副作用が報告されています。

  • 食欲不振
  • 胃の不快感
  • 吐き気
  • 血便
  • 下痢
  • 腹痛

また、発症する人はごくまれではありますが、以下のような重い副作用も報告されています。

  • 末梢神経障害
  • 中枢神経障害
  • 無菌性髄膜炎
  • 重い皮膚・粘膜障害
  • 膵炎
  • 白血球や好中球の減少
  • 大腸炎

フラジールの服用後、もしこれらの副作用の兆候があるならば、すぐにフラジールの使用を止め、専門医に相談するようにしましょう。

フラジールの飲み方

どの感染症の治療をするかによってフラジールの飲み方は変わってきます。トリコモナス症の治療のためにフラジールを使う場合の用法用量は次のようになります。

「1回250mgを1日2回、10日間服用する」

症状が軽くなってきたからといって途中で服用を止めてしまうことはやめましょう。体内で増殖してしまっているトリコモナス原虫をきちんと死滅させるためにも定めらた期間、しっかりと飲み続けることが必要となります。

ちなみに、本サイトでおすすめしている海外通販で手に入るフラジールは1錠が500mgとなっています。これは日本人よりも体系が大きい海外の方向けにデザインされているからですね。

トリコモナス症の治療のためには、1回で500mg錠を1錠摂取してしまうと、定められている用量を超過してしまうことになります。なので、500mg錠のフラジールはピルカッターでカットし、1回の摂取量をコントロールする必要があります。

フラジールの飲み合わせ

フラジールの服用にあたっては、以下にまとめるような併用に注意するべき医薬品があります。

  • 血栓塞栓症の治療薬である抗血栓薬のワルファリン
  • 双極性障害の治療に使われる気分安定薬のリチウム(リーマス)
  • アルコール依存症の治療に使われる抗酒薬であるジスルフィラム(ノックビン)
  • 抗がん剤であるフルオロウラシル(5-FU)
  • 臓器移植後の拒絶反応の予防に用いられる免疫抑制薬のシクロスポリン(サンディミュン、ネオーラル)

前述のように、フラジールは副作用も少なく安全に服用できる薬です。しかし、これらの併用注意薬と一緒に服用してしまうと、重い副作用の症状のリスクが高まってしまいます。併用が禁止されているわけではありませんが、事前に医師に相談することをおすすめします。

また、フラジールを服用する際のアルコールの摂取は厳禁となっています。フラジールを服用している状態で飲酒をしてしまうと、いわゆる「悪酔い」がしやすくなってしまいます。

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 腹痛
  • 頭痛
  • 動悸
  • 顔のほてり

このような症状を誘発してしまうので気を付けましょう。アルコールを含有しているエリキシル剤が成分にある医薬品の服用にも同様に注意しましょう。

フラジールの体験談

ネット上では多くの方がフラジールを使用してみた感想をシェアしてくれています。クリニックで処方してもらうのはもちろんですが、海外通販サイトを利用し海外製のフラジールを個人輸入している方も多くいます。

海外製医薬品の個人輸入と聞くとハードル高く感じてしまいます。興味はあるが、不安や疑問を抱いている方はぜひ同じ悩みをもっていた女性の体験談をチェックすることをおすすめします。

27歳女性

過去におりものの異常からトリコモナス症の感染が発覚しました。その時は、このような感染症にかかるのも初めてだったこともあり、慌てて最寄りの婦人科を受診しました。で、フラジールを処方してもらいました。

その時は、服用して1週間程度したぐらいで症状は収まりました。ですが、しばらくしてからデリケートゾーンのかゆみがひどくなり、トリコモナス症の再発に気づきました。

正直、クリニックでの受診は時間的にも厳しいものがあるし、何よりおりものの分泌液を採取したりする検査が嫌でしょうがありませんでした。なので、今回はネットで海外製のフラジールを個人輸入することにしました。

日本の錠剤よりも有効成分の配合量が多く困惑してしまいたが、ピルカッターなどを利用し、なんとか調整して服用しています。海外製ですが、同じフラジールなので、国内製のものと同様の効果を体感することができました。

再発時も1週間から10日間ぐらいの服用でトリコモナス症の症状はおさまりました。トリコモナス症はとにかく再発するので、今後に備えて海外通販で個人輸入したフラジールを常備しています。

まとめ:トリコモナス症には抗虫剤のフラジールを

トリコモナス症の特効薬のひとつにフラジールがあります。有効成分はメトロニダゾールです。この成分にトリコモナス原虫を死滅させる効果があります。

フラジールは万能な抗生物質であり、トリコモナス症以外にもピロリ菌、ディフィシル菌など多くの身体に害を及ぼす細菌や原虫に効果を発揮します。トリコモナス症の治療に際しては、1回250mgを1日2回、10日間服用しましょう。

フラジールは処方せん医薬品であり、手にするためには泌尿器科や婦人科を受診する必要があります。しかし、海外通販サイトを利用し海外製のフラジールを個人輸入すれば、家にいながらにしてフラジールを入手することができます。

トリコモナス症の再発対策など、フラジールの取扱いに慣れている方は、時間や費用のコスパが高い海外通販を利用してみることをおすすめします。

>>フラジールのお得な通販はこちら<<

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

Average rating:  
 0 reviews

-トリコモナス症, フラジール
-, , , , , ,

Copyright© 性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ , 2018 All Rights Reserved.