性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ

クレンナビは性病と感染症についての専門サイトになります。性病といっても多くの種類があるので正しい知識と対処法を知る事で症状が悪化するまに改善することができます。

クラビット クラミジア感染症 ジェネリック医薬品 レボクイン 淋病

レボクインはクラミジア・淋病に有効?その副作用と飲み合わせは?

更新日:

本記事ではクラビットのジェネリック医薬品であるレボクインについてまとめています。レボクインはインド製のジェネリック医薬品です。他のインド製のジェネリック医薬品と同様に、高品質・低価格なお薬です。

クラビットをより手軽に手にしたいという方におすすめの医薬品となります。有効成分はクラビットと同じレボフロキサシンで、クラビットと同じ抗菌効果を期待することができます。

海外製の医薬品ということもあり、レボクインは国内認可されていません。そのため、レボクインを手に入れるためには海外通販サイトから個人輸入する必要があります。

ジェネリック医薬品であるため1錠あたり150円と非常に安価です。また、クリニックに出向く必要も保険証を提示する必要もありません。手軽に安価にクラビットが欲しいという方にぴったりなのがレボクインです。

>>レボクインのお得な通販はこちら<<

レボクインとは?

レボクインは先発薬であるクラビットのジェネリック医薬品です。インドの製薬会社であるシプラ社が製造・販売を行っています。日本では認可されていない海外製の医薬品となるので、手に入れるためには海外通販サイトから個人輸入する必要があります。

クラビットのようにクリニックで診察を受け処方せんを書いてもらう手間もなく、ネットショッピングのような感じでレボクインは購入することができます。

レボクインの有効成分は、クラビットと同じレボフロキサシン水和物です。クラビット同様に、身体に感染し増殖してしまっている細菌を死滅させる効果があります。抗菌薬とよばれる医薬品ですね。

クラミジア感染症の原因菌であるクラミジア・トラコマティスや淋病の原因菌である淋菌などをはじめ、多くの細菌に対して効果があります。副作用も少ない抗菌薬なので安心して使用することが出来ます。

レボクインの効果

レボクインの有効成分であるレボフロキサシン水和物は、ニューキノロンというタイプの抗菌薬です。クラミジアや淋病などの感染症は、体内でそれぞれの原因菌が増殖してしまったために発症するものです。この感染症の原因となる細菌を殺菌させる作用がレボフロキサシンにはあります。

細菌が繁殖し増えていくためには、DNAジャイレースやトポイソメラーゼといった酵素を取り込み、DNAを複製していくことが必要になります。レボフロキサシンはこの細菌の増殖に必要な酵素の働きをブロックするものです。

レボフロキサシンは抗菌力が強くさまざまな感染症の治療に用いることができます。また、後述するように、副作用も少ないので安心して服用ができるものです。

本サイトは性感染症の情報発信サイトなので、淋病やクラミジア感染症の治療薬としてレボフロキサシンを含有するレボクインを紹介します。しかし、レボクインはこれらの性感染症以外にも以下のような感染症に効果を発揮します。

  • 表在性皮膚感染症
  • リンパ管・リンパ節炎
  • 怪我や手術などによる二次感染
  • 扁桃炎
  • 膀胱炎
  • 感染性腸炎
  • 子宮内感染
  • 中耳炎
  • ペスト
  • 肺結核

このようにレボクインには多くの適応症があります。抗生物質として非常に優秀ということですね。

レボクインの特徴

レボクインの特徴はというと、ずばり通販で手軽に安価に入手できることです。レボクインの先発薬であるクラビットは処方せん医薬品です。手に入れるためには、クリニックを訪れ、専門医の診察を受け、処方せんを書いてもらう必要があります。

「忙しくてどうしてもクリニックへ行く時間を割くことが出来ない」
「クリニックであれこれと診察されるのが嫌」

このような思いを抱いている方におすすめなのクラビットのジェネリック医薬品であるレボクインです。

海外製のジェネリック医薬品であるレボクインは、日本国内では認可はされていません。そのため、使用するにあたっては自己責任となります。しかし、決して質が低い医薬品というわけではありません。

ED治療薬の個人輸入をおすすめしている記事でもまとめられていますが、インド製のジェネリック医薬品は高品質・低価格を両立しているため人気を博しています。クラビットと同じ有効成分・同じ抗菌効果を期待でき、かつ1錠あたり150円と非常に安価であるのがレボクインです。

>>レボクインのお得な通販はこちら<<

レボクインの副作用

レボクインおよびその先発薬であるクラビットは、副作用のリスクが少ないことで知られています。ただ医療用医薬品である以上、一定の副作用の発症の可能性があるのは事実です。

レボクインおよびクラビットの副作用の症状としては次のようなものがあります。

  • 発疹
  • じんましん
  • 光線過敏症
  • 下痢や軟便
  • 吐き気
  • めまい
  • 頭痛
  • 眠気

また、件数自体は非常に少ないですが、以下のような重い副作用も報告されています。

  • アナフィラキシー・ショック
  • 重い皮膚・粘膜障害
  • けいれん
  • 重い不整脈
  • 重い血液成分の異常
  • 間質性肺炎などの肺障害
  • 大腸炎
  • 低血糖
  • 幻覚・錯乱

もしレボクインを服用してことによって、これら重い副作用が発症してしまったら、すぐにレボクインの服用を止めましょう。そして、最寄りの専門医のいるクリニックに相談するようにしましょう。

レボクインの飲み方

淋病やクラミジア感染症の治療目的のためにレボクインを使用する場合は、1日1回500mgを10日から2週間にわたって服用します。1回に服用する量としては、レボクイン250mg錠ならば1回2錠、500mgならば1回1錠となります。

クラビットやレボクインなどのニューキノロン系の抗生物質は、基本的に妊婦や授乳婦は使用することが認められていません。

妊婦や授乳婦の方がレボクインを使用して感染症を治療する場合には、まずはクリニックで医師に相談しましょう。いきなり自分の判断で飲みはじめてしまうのは危険がともないます。

近年、ニューキノロン系の抗生物質に耐性をもつ細菌が増えてきています。そのため、きちんと定められた用法用量を守るようにしましょう。症状が軽くなったからといって、自分の判断で服用をやめるのは良くありません。

表面的な症状が治っても、身体の中の細菌はまだ死滅していない場合があります。感染症の再発を防ぐためにもきちんと7日から2週間はレボクインを飲み続けるようにしましょう。

レボクインの飲み合わせ

クラビット同様にレボクインにも飲み合わせの悪い薬品があります。代表的なものは以下の3種です。

  • フルルビプロフェンなどの鎮痛薬
  • アルミニウムやマグネシウムを含む胃腸薬
  • 結核の治療に使われるデラマニド(デルティバ)

フルルビプロフェンなど一部の鎮痛薬とレボクインを併用すると、けいれんが起こることがあります。

制酸剤とよばれるアルミニウムやマグネシウムを含む胃腸薬とレボクインとを併用してしまうと、互いの効果を打ち消しあうことになりレボクインの効果が弱まっってしまいます。

デラマニドなどの結核薬とレボクインを服用するとQT延長と呼ばれるを起こすリスクがあります。

いくら副作用のリスクが少ないレボクインとはいえ、これらの併用注意薬と一緒に服用するのは避けるべきことです。もし今自分が服用している薬とレボクインとの飲み合わせに疑問や不安がある場合は、面倒でもクリニックへ出向き医師に相談するようにしましょう。

いきなり自己責任の海外通販を使うのはリスクが高い行為です。まずはクリニックでクラピットを処方してもらい、問題ないと分かってから海外通販でレボクインを個人輸入するようにしましょう。

レボクインの体験談

「レボクインに興味があるけど海外通販には不安がある」
「インド製のジェネリック医薬品ということで薬の品質が心配」

レボクインの購入に際してこのようなことを思っている方も多いと思います。実際、海外通販を初めて利用するときは、決断に勇気がいるのも事実です。

このような時に参考になるのは、すでにレボクインを使用している方の声です。ネット上では多くの方のレボクインの体験談がシェアされています。レボクインの効果や海外通販のあれこれに不安や疑問がある方はぜひチェックしてみて下さいね。

29歳男性

少し前に人生で初めて性病になりました。排尿時に強い痛みを感じたからです。初めてのことだったので、慌てって病院に駆け込みました。で、病院で検査をしたところ、淋病と診断されました。

風俗遊びもしていたのでいつかは性病になるかなと思ってたのですが、いざなるとなかなかキツいものがありました。その時は、名前は忘れましたが、抗生物質を処方してもらい、それを服用することで症状は自然と収まっていきました。

安心して過ごしていたら、しばらくしてから再発です。性感染症は再発しやすいとのことですが、いざ再発するとへこみますね。ただ、もう一度病院へ行くのは面倒だし、お金もかかるしで嫌だなという気持ちはありました。

何か良い方法はないかなとネットを探していてみつけたのが、レボクインの海外通販です。購入者レビューを見ると淋病に使用している方もいるみたいで、安心して買うことができました。

注文してから10日前後で届いたと思います。効果は、以前にクリニックで処方してもらった抗生物質となんら遜色はありません。価格が安いのが嬉しかったですね。

しばらくは、再発に備えてレボクインを常備しておこうと思います。海外通販は思ったよりも手軽なので、今後も利用していくつもりです。

まとめ:レボクインはおすすめのクラビットジェネリック

レボクインは先発薬であるクラビットのジェネリック医薬品です。インドの製薬会社が製造・販売を行っています。そのため、日本国内にいる方が入手するためには、海外通販サイトを利用し個人輸入する必要があります。

インド製のジェネリック医薬品は、質が高く安価なことで知られています。クラビットをより手軽に手にしたいという方にはレボクインがおすすめです。

レボクインの有効成分はクラビットと同じレボフロキサシンです。クラビットと同じように淋病やクラミジア感染症を含むさまざまな感染症に効果を発揮します。

「抗生物質が欲しいけど、病院にいくのは手間だしお金がかかるし避けたい」

このようなことを思っている方にレボクインはおすすめです。多くの方が感染症の再発防止のためにレボクインを海外通販していいます。

>>レボクインのお得な通販はこちら<<

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

-クラビット, クラミジア感染症, ジェネリック医薬品, レボクイン, 淋病
-, , , , , , ,

Copyright© 性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ , 2018 All Rights Reserved.