性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ

クレンナビは性病と感染症についての専門サイトになります。性病といっても多くの種類があるので正しい知識と対処法を知る事で症状が悪化するまに改善することができます。

カンジタ症 女性の性感染症

女性のカンジダの症状の特徴と治療方法

投稿日:

本記事では、女性のカンジダ症についてまとめていきます。カンジダ症は、女性であれば誰にでも発症する可能性のあるものです。女性の5人に1人が、カンジダ症に感染したことがあるというデータもあります。

誰にとっても他人事というわけにはいかない病気ということですね。カンジダ症の原因となるカンジダ菌は、真菌のひとつです。誰の身体にでも存在する常在菌ですね。

このカンジダ菌が、何らかの理由で異常繁殖してしまうことで、カンジダ症のさまざまな症状が発症することになります。カンジダ症の症状は、強いかゆみや痛みをともなう場合もあります。

なので、少しでも早く治療を受ける必要があります。カンジダ症の治療には、フルコナゾールを配合した抗真菌薬を用います。これは、クリニックでの処方や海外通販サイトからの個人輸入で入手できるものです。

カンジダかも?発症時の特徴

性器に症状があらわれることが多いために、カンジダ症は性感染症と思われがちです。しかし、カンジダ症の原因となる真菌は、誰の身体にも存在する常在菌です。

そして、このカンジダ菌が何らかの理由によって、増殖してまうことで発症してしまうのが、カンジダ症です。なので、必ずしも「カンジダ症=性感染症」というわけではありません。カンジダ症は、誰にでも発症の可能性があるものということです。

そんなカンジダ症の初期症状としては、女性器のかゆみがあります。女性器の周辺部分は、女性の身体の中でも蒸れやすくかゆみが発症しやすい部位ではあります。

しかし、女性器(膣)それ自体にかゆみがある場合は、カンジダ症である可能性が高くなります。この女性器のかゆみは、放置をしておくとどんどん強くなっていきます。なので、異変に気づいたら、すぐに対処する必要があります。

女性のカンジダの症状

女性のカンジダ症の症状としては、大きく分けて、次の2種類があります。

  • 女性器の強いかゆみ
  • 異臭をともなうおりものの増加

多くの場合において、カンジダ症が発症すると女性器に強いかゆみを感じるようになります。放置をしていると、このかゆみはどんどんひどくなっていきます。

ネットの体験談などをチェックしていただければ分かりますが、夜もまともに眠れないほどのかゆみと多くの方が表現しています。

また、かゆみと同時に発症するのがおりものの変化です。カンジダ症に感染すると、おりものは次にように変化をします。

  • おりものの量が増加する
  • おりものの色が黄色や緑と濃くなる
  • おりものの形状がヨーグルトやチーズのようにドロドロになる
  • おりものが生臭い異臭を放つようになる

初期症状のかゆみに気づかない方でも、多くの場合において、このおりものの異常でカンジダ症の発症に気づくことになります。

女性のカンジダの発症の原因

前述のように、カンジダ症は、多くの場合においてセックスとは無関係に発症することになります。セックスによってうつることは事実ですが、それが発症の原因となることはまれです。

体内に常在しているカンジダ菌が、何らかの原因によって、異常繁殖してしまうとカンジダ症が発症することになります。では、カンジダ菌は何を原因として異常繁殖してしまうのでしょうか。

女性の身体におけるカンジダ菌の異常繁殖の原因としては、次のようなものがあります。

  • 女性器周辺の通気性が悪く蒸れてしまっている
  • 体調不良により身体の免疫力が下がっている
  • 抗生物質の服用により体内の細菌のバランスが崩れてしまっている
  • 妊娠などで体内のホルモンバランスが変化している

これらの身体の状態が引き金となってカンジダ菌が増殖し、カンジダ症が発症することになります。

女性のカンジダの症状が進行すると

女性のカンジダ症の症状が進行し悪化していくと、次のような症状も発症していくことになります。

  • セックス時の痛み
  • 排尿時の痛み

これらは、全てカンジダ症によって女性器とその周辺が、炎症状態になってしまうことによって発症するものです。炎症によって痛みをともなうようになるということですね。最初のころは、ちょっとしたチクッとした痛み程度のものです。

しかし、時間が経つにつれて、この炎症の症状はどんどん悪化していきます。その結果、男性器の挿入が全くできないほどの痛みや排尿時の耐えがたい痛みを感じるようになります。

この痛みがさらに進行していくと、患部に下着が触れるだけでも激痛を感じるようになります。また、人によっては、感じた症の痛みゆえに歩行困難となってしまう場合もあるようです。

女性のカンジダの治療方法

女性をひどく悩ませるカンジダ症の症状ですが、治療方法はきちんと確立されています。ジフルカン(ダイフルカン)といったフルコナゾールを配合する抗真菌薬を1日1回服用することで、だいたい1週間ほどで治療することが出来るようです。

このフルコナゾール配合の抗真菌薬は、海外通販を利用するとでジェネリック医薬品を手にすることが出来ます。

また、症状の軽いカンジダ症の場合は、放置を続けることで自然治癒することがあるようです。しかし、これはあくまでも症状が軽いカンジダ症の場合に限ったものです。

痛みやかゆみがひどくなっている場合は、いくら放置をしたところで、自然治癒は望めません。そのような場合は、無理をせずに、クリニックに出向くか海外通販を利用するかして、抗真菌薬を手にするようにしましょう。

女性のカンジダで気をつけるべき事

カンジダ症の治療において注意するべきこととしては、患部である女性器を洗いすぎないということがあります。

どうしても、カンジダ症に悩む女性は、少しでも早くカンジダ症を治すために、患部である女性器を石けんでゴシゴシと洗うことが多くあります。

しかし、これはカンジダ症の治療からすれば逆効果となるものです。カンジダ症を悪化させる危険性のあることなので、気をつけましょう。

カンジダ症の患部となる女性器とその周辺には、異常繁殖したカンジダ菌以外にもさまざまな細菌がもとより棲息しています。その中には、有害な菌を退治する役割を担う善玉菌も存在します。

石けんで強く患部を洗うことは、この善玉菌をも殺菌してしまうことにつながってしまうのです。この結果として、カンジダ症は悪化の一途をたどります。なので、カンジダ症の患部は軽く水ですすぐ程度にしておきましょう。

まとめ:カンジダ症は早めの治療が肝心

ここまで述べてきたように、カンジダ症は、女性であれば誰もが発症する可能性のあるものです。軽度のカンジダ症の場合は、放置をすることで自然治癒する場合もあります。

しかし、一度症状が悪化してしまうと、ちゃんとした治療なしには、症状を抑えることは出来なくなってしまいます。カンジダ症による痛みやかゆみは、悪化するこで、夜も眠れないほどのものになります。

そのようなひどい状態になる前に、きちんと治療をすることが必要になります。カンジダ症の治療には、フルコナゾールを含有した抗真菌薬を用います。

これを1日1回1週間服用することで、たいていのカンジダ症は治癒することになります。フルコナゾール含有の抗真菌薬は、クリニックでの処方や海外通販サイトからの個人輸入で入手することが出来ます。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

Average rating:  
 0 reviews

-カンジタ症, 女性の性感染症
-, , , ,

Copyright© 性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ , 2018 All Rights Reserved.