性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ

クレンナビは性病と感染症についての専門サイトになります。性病といっても多くの種類があるので正しい知識と対処法を知る事で症状が悪化するまに改善することができます。

女性の性感染症 性器ヘルペス感染症

女性のヘルペスの症状の特徴と治療方法

更新日:

ヘルペスは、若い女性の間で特に患者数の多い性感染症です。毎年、10,000人弱程度の人が、新たにヘルペスに感染しています。特に、20代30代の女性でのヘルペスの発症数が増加傾向にあります。

女性のヘルペスは、症状が重くなることがあります。場合によっては、歩行困難になったり入院が必要になったりすることもあります。

ヘルペスの治療にあたって大事なことは、早期に適切な投薬治療を受けることです。一番効果的な治療方法は、バルトレックスなどの抗ウィルス薬を服用することです。

日々きちんとバルトレックスを飲み続けることで、ヘルペスの再発も事前に予防することが大事です。バルトレックスは、海外医薬品通販サイトで手軽に購入することが出来ます。

>>ヘルペス治療薬ランキングへ<<

ヘルペスかも?発症時の特徴

ヘルペスは、男女ともに感染する性感染症です。ただし、同じヘルペスであっても、男性よりも女性のほうが症状が重くなる場合が多くあります。

ヘルペスの症状として多いものは、性器周辺の水ぶくれや潰瘍となります。そのため、初期症状として多いのは、女性器周辺で感じる違和感です。

  • かゆみ
  • ヒリヒリ
  • 熱い
  • 痛い

このような女性器周辺の不快感を感じたら、ヘルペスへの感染を疑うようにしましょう。

ヘルペスに初めて感染した場合(再発でない場合)は、その症状が重いものとなります。前兆などがなく、急に上記のような症状が強く発症することになります。

言うまでもなく、これらのヘルペスの症状は、出来るだけ早期に治療を開始することが大事になります。もし、これらの症状に気づいたら、すぐに以下にまとめるような、適切な治療を受けるようにしましょう。

女性のヘルペスの症状

初期症状としての女性器周辺の違和感の後には、水ぶくれや赤い発疹があらわれるようになります。この水ぶくれや発疹は、潰れるとただれて潰瘍となります。

大きさとしては、1mmから2mmほどの小さいものです。この症状は、ヘルペスの感染が進行していくにしたがって、以下のように広範囲に広がっていくことになります。

  • 女性器
  • お尻
  • 太もも

特に、ヘルペスに初感染時は、これらの水ぶくれや発疹、潰瘍は、強い苦痛をともなうものとなります。人によっては、夜もまともに眠れないほどの症状となることもあるようです。この症状は、発症後2週間から4週間ほど続くことになります。

また、これらの皮膚の症状に加えて、女性の場合は、発熱や倦怠感などの全身の症状があらわれることもあるので、注意が必要です。

女性のヘルペスの感染経路

上記のようなヘルペスの症状は、単純へルペスウイルスに感染することによって発症することになります。単純へルペスウイルスの感染経路としては、その多くはパートナーとのセックスになります。

通常のセックスだけではなく、次のようなあらゆる形態のセックスが感染経路となります。

  • オーラルセックス
  • アナルセックス
  • ペッティング

ヘルペスに感染した自覚がある場合はもちろんのこと、女性器付近の違和感などヘルペスの疑いが少しでもある場合は、パートナーとのセックスは止めることをおすすめします。

単純へルペスウイルスは、感染力の非常に強いウィルスです。そのため、コンドームを装着したとしても、ヘルペスに感染してしまう可能性はゼロにはなりません。その点、十分に注意するようにしましょう。

女性のヘルペスの症状が進行すると

前述のように、ヘルペスの症状は、男性よりも女性のほうが重くなる傾向にあります。女性のヘルペスが悪化すると、次のような症状をともなうようになります。

  • 髄膜刺激症状
  • 末梢神経麻痺

いわゆる神経症状と言われるものですね。これらは、具体的には次のような症状となります。

  • 強い頭痛
  • 首の痛み
  • 過剰にまぶしく感じる
  • 排尿や排便がしづらくなる
  • 強い排尿痛。

この中でも、特に苦痛を感じるのが排尿痛です。人によっては、歩行困難となるレベルの痛みを感じることがあるようです。また、場合によっては、入院して治療を受けなければいけないこともあるようです。

ヘルペスが悪化すると、日常生活に支障をきたすレベルになってしまうということですね。そうならないためにも、ヘルペスの感染に早期に気づき、素早く治療することが大事になります。

女性のヘルペスの治療方法

ヘルペスの治療は、単純へルペスウイルスに効果のある抗ウィルス薬を用いて行います。この抗ウィルス薬には、塗り薬と飲み薬があります。

塗り薬は、ドラッグストアで市販されているために、手軽に入手することができます。しかし、患部の湿疹の悪化を防ぐ程度の効果しかありません。塗り薬には次のようなものがあります。

  • アクチビア軟膏
  • ヘルペシアクリーム
  • アラセナS

一方、飲み薬は、よりヘルペスの治療効果の強いものとなります。ヘルペスの発症期間を短縮したり、再発のリスクを未然に防ぐなどの効果を期待することができます。

このような強い効果ゆえに、飲み薬の抗ヘルペスウイルス治療薬は、医師の処方せんが必要な医薬品に指定されています。具体的な飲み薬タイプの抗ヘルペスウイルス薬としては、次のようなものがあります。

  • バルトレックス
  • ゾビラックス
  • ファムビル

女性のヘルペスで気をつけるべき事

女性のヘルペスにおいて注意するべきことは、「一度ヘルペスに感染すると、根治をすることは不可能」ということです。いくら上記のような抗ウィルス薬を使用したとしても、あくまでその効果は、ヘルペスウィルスの増殖を抑え込むというものです。

ヘルペスウイルスそのものを、死滅させる効果はないということですね。そのため、一度症状がおさまったとしても、その後に再発するリスクは常に存在するということになります。

女性の性器ヘルペスの場合、平均すると年に7.2回ほども再発するというデータもあります。また、女性の場合は、特に生理前にヘルペスが再発することが多くなるようです。

これは、生理前のホルモンバランスの変化によって、単純へルペスウイルスが活性化されてしまうためです。ヘルペスの再発を抑えるためには、毎日バルトレックスなどの抗ウィルス薬を飲み続けなければいけません。

まとめ:ヘルペスには抗ウィルス薬で対処しよう!

女性の場合、ヘルペスの症状は、非常に強く身体にあらわれます。特に、初めてヘルペスに感染したときの症状は、かなりの苦痛となるものです。場合によっては、歩行困難となったなり、医療機関への入院が必要となる場合もあるほどです。

ヘルペスは、たかが性感染症と看過することが出来ないものです。ヘルペスの感染に気づいたら、適切な治療を早急に行う必要があります。

ヘルペスの治療は、バルトレックスなどの抗ウィルス薬を用いて行います。バルトレックスなどの抗ウィルス薬は、医師の処方せんが必要な医療用医薬品です。そのため、クリニックに出向いて処方を受けなければいけません。

この手間を避けたいという方は、海外医薬品通販サイトを利用し、海外製の抗ウィルス薬を個人輸入しましょう。ネットショッピング感覚で、バルトレックスなどを購入することができます。

>>ヘルペス治療薬ランキングへ<<

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

Average rating:  
 0 reviews

-女性の性感染症, 性器ヘルペス感染症
-, , , , ,

Copyright© 性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ , 2018 All Rights Reserved.