性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ

クレンナビは性病と感染症についての専門サイトになります。性病といっても多くの種類があるので正しい知識と対処法を知る事で症状が悪化するまに改善することができます。

病院

性病検査をする医師は男性が多い?女性の医師に見てもらえる?

更新日:

本記事では、性病検査をするにあたっての医師の選び方についてまとめていきます。

「性病検査を受けるなら同性の医師がいい」

このような希望を持っている方は、多くいると思います。診察で下半身を異性に露出するのには、多くの方が抵抗感を感じるはずです。

自分の希望する性別の医師を見つけるには、ネット検索が便利です。希望に沿った最寄りのクリニックの目星を付けることが出来ます。その後で、電話で詳細を確認することで、ほぼ間違いなく自分の望む環境で性病検査を受けることが出来るはずです。

性病を診てもらうのは恥ずかしい

性病の症状の多くは、性器周辺に発症します。男性の場合はペニスの周辺、女性の場合は膣内などですね。一部、喉奥に感染する性感染症もありますが、そこまで多くはありません。多くの人が「性病」と聞いてイメージするのは、やはり男性器や女性器周りに発症した症状でしょう。

その意味で、性病はとてもプライベートな存在です。他の病気と違い、あまり周囲に公言することもはばかられるものです。

「出来ることなら、誰にも知られずに終わりたい」

そのように思っている方がほとんどでしょう。しかし、残念ながら、性病の治療にあたっては医療機関での検査が必須です。必然として、医師にも性器周辺を診られてしまうということです。

異性に自分の性器を診てもらいたくない

病気で医師の診察を受けるにあたっては、その患部を医師に診てもらうことになります。これは性病においても同じです。尿検査や血液検査のみで終了する場合もあるようですが、全てがどうではありません。診察室にて下半身を露出しなければいけないこともあるでしょう。

まともな羞恥心を持ち合わせている人の場合、人前で自分の陰部を晒すことには抵抗があるかと思います。特に、医師や看護師が異性の場合はなおさらです。

「知らない異性に見られるぐらいなら死んだほうがマシ」

そのように考える方も少なくないはずです。

異性に症状を詳細に伝えるのが難しい

また、異性の医師には、患っている性病の詳細を伝えることにも困難がつきまといます。医師との診察においては、病歴や病状などについての問診を受けます。

性病においては、この問診が特に重要視されます。つまり、知られたくないプライベートな性生活について医師に答えなくてはいけないということです。

「最後にセックスしたのは?」
「アナルセックスはするか?」
「オーラルセックスはするか?」
「同性愛者であるか?」
「生理不順の有無は?」

診断のために仕方ないとはいえ、このようなことはあまり話たくはないことです。特に医師が異性の場合はなおさらです。

同性だからこそ言えることも

性病にまつわることを話すにあたっては、医師が異性の場合にはキツいものがあります。男性の場合は、性風俗店に言ったことを告白しなければいけないかもしれません。その結果、女医さんに軽蔑した目線を投げかけられ冷たい対応をされたら心が折れてしまいますよね。

また、女性の場合は、不特定多数の男性と行きずりのセックスをしていたことを伝えなくてはいけない場合もあるでしょう。そんなことを男性医師に言うのは、楽なことではありません。以上のことを考慮すると、性病の診察は出来ることならば、同性の医師にして欲しいものです。

性病検査にあたっての医師の選び方

では、どうすれば自分の性病を診てくれる同性の医師を見つけることが出来るのでしょうか。最寄りの医院にいる医師は、かならずしも同性であるとは限らないですよね。また、出来るならば、知識が豊富であり優秀な医師に診てもらいたいものです。

昔ながらの方法しかし知らないおじいちゃんの町医者に敢えて診てもらいたいという人はいないでしょう。評判が高く腕の立つ医師を見つけるためにはどうすれば良いのでしょうか。大事なことは、複数の病院・クリニックの情報を集め、比較検討を行うことです。

ネット検索で調べてみる

病院・クリニックの情報を最も手っ取り早く集める方法としては、ネット検索が便利です。「性病名+検査+地名+女性医師(男性医師)」などで検査すれば、これでもかとクリニックの情報を得ることが出来ると思います。

また、最近では、全国の女性医師を検索できるポータルサイトも誕生しています。

これらのネット検索を駆使すれば、自分の希望に沿った医師を見つけることはそこまで難しいことではありません。病院・クリニックに関する口コミや医師の評判などもチェックすることが出来ます。これで、自分が訪れるべき病院・クリニックの目星を付けることができます。

電話確認で調べてみる

ネット検索で「これだ!」という医師および医療機関を見つけることができたら、次はその病院・クリニックに直接電話をすることをおすすめします。

「性病の検査をして欲しいのだが、女性医師(男性医師)に診察をお願いすることは出来るか」
「スタッフは本当に女性(男性)で統一されているのか」

これらの電話確認をすることによって、より確実に自分の希望する性病検査を行うことが出来ます。ネットの情報は便利ですが、現実と食い違っていることも多々あります。そのような事態を回避するためにも、実際に病院・クリニックを訪れる前に電話確認を行うようにしましょう。

異性の医師を指名できることも

ちなみに、上記の方法で医師や医療機関を調べていけば、診察を異性の医師にお願いすることも出来ます。

「男だけど女医さんに診てもらいたい」
「女性だけど男性医師のほうが安心する」

このようなケースにおいても、同様にネット検索からの電話確認を行いましょう。

女性の泌尿器科医や男性の婦人科医なども、調べてみると意外といることが分かります。最近ではLGBTを受容する社会的風潮などもあり、異性の医師を指名することはそこまではばかられるものではありません。希望がある場合には、積極的にお願いするようにしましょう。

医師の質は出身大学で決まる?

「どうせなら腕の良い医師がいい」

このように考えている方もいるでしょう。しかし、優秀な医師を見つけるというのは、なかなかに大変です。ネットの口コミもありますが、主観が強かったりステマが多かったりとあまりアテにできるものではありません。

そのような場合は、医師の出身大学をチェックするのが良いようです。

ネットで得た情報なので確証はありませんが、より高偏差値で難関とよばれる大学出の医師のほうが優秀でありまともであることが多いようです。

逆に、お金さえ払えば入学できる私大出の医師は、態度も悪く腕も良くないことが多いとのことです。

まとめ:医師選びはネットと電話確認で

性病検査のために病院・クリニックを訪れるのは、なかなかに勇気のいることです。診察においては、自分の局部を医師に晒すことになる場合もあります。

また、問診では自分の性生活について事細かに聞かれることもあるでしょう。そのため、「同性の医師に診てもらいたい」と希望する人もいるかと思います。

そのような場合は、ネット検索で事前に医師や病院について調べるようにしましょう。ネット検索を活用すれば、最寄りの「医師・スタッフ含め全員が女性(男性)のクリニック」などは見つけやすくなります。

その後、電話確認でネットの情報が確かであるか確認をとるようにしましょう。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

Average rating:  
 0 reviews

-病院
-, , , , , ,

Copyright© 性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ , 2018 All Rights Reserved.