性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ

クレンナビは性病と感染症についての専門サイトになります。性病といっても多くの種類があるので正しい知識と対処法を知る事で症状が悪化するまに改善することができます。

性器ヘルペス感染症 男性の性感染症

男性のヘルペスの症状の特徴と治療方法

更新日:

本記事では、男性のヘルペスについてまとめていきます。ヘルペスに感染した場合、女性のほうが男性よりも症状が強く出る傾向があります。

男性がヘルペスに感染したとしても、女性と比べると、症状が重くなることはありません。治療薬などを適切に使用することで、症状が重くなる前に対処することができます。

ヘルペスは自然治癒の可能性がある性感染症です。男性の場合、1~2週間もすると症状はおさまっていく場合がほとんどです。

しかし、だからといって、ヘルペスが発症したまま放置をすることは、おすすめできることではありません。抗ヘルペスウィルス剤などを適切に使い、早め早めの対処をするよう心がけましょう。

>>ヘルペス治療薬ランキングへ<<

ヘルペスかも?発症時の特徴

性器ヘルペスというと、どうしても女性の性感染症というイメージが強いかと思います。女性がヘルペスに感染すると強い腫れや痛みに悩まされることになります。場合によっては、症状が重症化し、入院することになるようです。

男性のヘルペスの場合は、女性のヘルペスほど重い症状になることはありません。初期症状のうちに感染に気付き、適切な治療を受けることによって、5日~10日程度で症状を抑え込むことができます。

男性がヘルペスに感染した場合、その初期症状としては次のようなものがあります。

  • ペニスのヒリヒリ感
  • ペニス周辺のかゆみ

この初期症状が進行すると、赤く小さなブツブツや水ぶくれが発症するようになります。

これらのヘルペスの初期症状が発症するのは、具体的には次のような部位です。

  • 亀頭
  • 陰茎
  • 包皮
  • 太もも
  • 臀部
  • 肛門とその周辺

これらの部位に違和感がある場合には、ヘルペスの発症を疑ってみるようにしましょう。

男性のヘルペスの症状

男性のヘルペスには、大きく分けて、2種類あります。ひとつ目は、初感染初発です。

初感染初発とは、ヘルペスウィルスに感染した後、潜伏期間なしですぐに発症することです。急進型ヘルペスともよばれます。このタイプのヘルペスは、比較的重い症状になることがあります。

  • ペニス周辺の円形の潰瘍
  • 潰瘍の前進への転移
  • 足の付け根(リンパ節)の腫れ

これらの症状が2週間~4週間ほど続くことになります。

二つ目は、非初感染初発です。非初感染初発は、初感染初発と違い、一定の潜伏期間を経て発症するタイプのヘルペスです。誘発型ヘルペスともよばれます。このタイプのヘルペスの症状は、そこまで重くなることはありません。

症状としては、初感染初発の症状を軽くしたようなものです。強い痛みやかゆみをともなうことはなく、1週間もすると症状は自然とおさまっていきます。

男性のヘルペスの感染経路

男性がヘルペスに感染した場合、その感染経路のほとんどはセックスになります。ヘルペスウィルスは、粘膜接触によって感染が拡大していきます。

いわゆる狭義の男女のセックスだけでなく、次に挙げるような粘膜接触をともなうあらゆる性行為によって感染する可能性があるので注意が必要です。

  • ノーマルなセックス
  • オーラルセックス
  • アナルセックス
  • ディープキス

また、広義のセックスをしておらずとも、以下のような場において、間接的にヘルペス感染者の粘膜に触れることによって、ヘルペスウィルスに感染してしまうことがあります。

  • 公衆トイレの便座
  • 大衆浴場にイス
  • 感染者の使用済みタオル

また、何かの拍子に感染者のヘルペス感染部位に触れてしまった場合は、きちんと洗浄をするよう心がけましょう。

男性のヘルペスの症状がが進行すると

他の性感染症と違い、ヘルペスは発症した症状を放置していても、自然治癒をする可能性があります。そのため、ヘルペスが発症し、かゆみなどの症状に悩まされていても、我慢し放置したままにしてしまう人がいます。

しかし、放置はヘルペスの悪化を招くリスクがあり、決しておすすめ出来るものではありません。ヘルペスが悪化していくと次のような症状になっていきます。

  • 性器周辺の潰瘍の痛みやかゆみが強くなる
  • 発熱や頭痛が併発するようになる
  • リンパ節の腫れがひどくなる

前述したように、男性のヘルペスの症状は、女性のヘルペスに比べると、軽度なものに留まります。しかし、そうはいっても、症状が悪化していくと、日常生活に支障をきたすレベルにはなってしまうでしょう。

特に、初感染初発のときはなおさらです。無理に耐え忍ぶことなく、抗生物質などを服用するようにしましょう。

男性のヘルペスの治療方法

ヘルペスの治療方法は、治療薬による薬物療法になります。ヘルペスの治療薬には、塗り薬と飲み薬があります。このうち、塗り薬タイプのヘルペス治療薬は、街中のドラッグストアなどでも市販されています。

一方、飲み薬タイプのヘルペス治療薬は、市販は認められていません。海外通販サイトなどを除くと、クリニックを受診し医師に処方せんを書いてもらう必要があります。

塗り薬と飲み薬で入手方法に差がある理由は、身体への負担に違いがあるためです。塗り薬は、薬を塗布した局部の症状を抑える程度の効果しか期待できません。

一方、飲み薬は、身体全体に強い作用をもたらします。そのため、ヘルペスの症状の回復までの病期を短縮したり、再発を抑制するといった効果があります。

このような身体全体に対する強い作用があるため、飲み薬タイプのヘルペス治療薬の入手には制限がかけられているということです。

男性のヘルペスで気をつけるべき事

ヘルペスに感染してしまった男性が注意するべきこと、それは「ヘルペスに一度感染すると、完治する事はない」ということです。他の感染症ならば、原因となるウィルスや細菌を死滅させることで、完治させることが出来ます。

しかし、ヘルペスウィルスはこのように死滅させることは出来ません。表面的に症状を抑え込むことが出来たとしても、何らかのきっかけで再発をする可能性があるということです。

ヘルペスが再発するタイミングは、疲れやストレス、老化などで身体の免疫力が落ちた時です。若い頃に感染したヘルペスが、50代になってから再発するなんとこともあるようです。

なので、治療薬などで表面的な症状が消えたとしても、気を抜かないようにしましょう。おすすめは、海外通販でヘルペス治療薬をまとめ買いしておき、それを予防目的で定期的に服用することです。

まとめ:男性であってもヘルペスは要注意な感染症

ヘルペスの症状が強くあらわれるの女性です。場合によっては、入院が必要なほどに心身にダメージを与えることがあります。

男性もヘルペスに感染することはありますが、女性ほどに症状が重症化することはありません。早いうち発症に気付き、治療薬な適切に服用することによって、1週間もしないうちに症状を抑えることが出来ます。

ただし、だからといって男性のヘルペスを軽視するのは危険です。女性ほどではないにせよ一定レベルまでは重症化してしまったり、パートナーにヘルペスを移してしまうリスクがあるためです。

最近では、わざわざクリニックに行かずとも、海外通販サイトなどで飲み薬タイプのヘルペス治療薬を購入することも可能となっています。きちんと知識を身に付け、適切な対処をしていくようにしましょう。

>>ヘルペス治療薬ランキングへ<<

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

Average rating:  
 0 reviews

-性器ヘルペス感染症, 男性の性感染症
-, , , ,

Copyright© 性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ , 2018 All Rights Reserved.