性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ

クレンナビは性病と感染症についての専門サイトになります。性病といっても多くの種類があるので正しい知識と対処法を知る事で症状が悪化するまに改善することができます。

病院

病院で性病検査をするなら何科?性別や症状で病院も変わる?

更新日:

本記事では、性病検査を受けるにあたって受診する病院・クリニックの診察料についてまとめていきます。

性病への感染の疑いがあり性病検査を受けようと思った場合、最も信頼できるのは性病科や感染症科の専門医になります。性感染症の専門家になるので、適切な性病検査をしてくれます。

性病の専門医がいる医療施設が最寄りにない場合は、その性病の疑いがある症状が発症している部位の専門医のもとを受診するようにしましょう。

  • 男性器周辺の症状:泌尿器科
  • 女性器周辺の症状:婦人科
  • のどにおける症状:耳鼻咽喉科

各部位の専門医ならば、その部位の性病に関する知識も有しています。

性病の疑いがある場合には病院へ

「パートナーに性病を打ち明けられた」
「性器の周辺にやたら痛みやかゆみがある」
「強い排尿痛やおりものの異常がある」

このような場合には、何らかの性感染症にかかった可能性があります。感染症の疑いがある場合には、すみやかに医療機関を受診する必要があります。

性病の可能性があるにも関わらず何の対策もしないでいると、症状が悪化したりさらなる感染の拡大を招くことになります。

ちょっとでも身体の異常を察知し、何らかの性病への感染の可能性がある場合には、すぐに最寄りの性病に対応してくれる医療機関を訪れるようにしましょう。

性病は放置していても治らない

性病の多くは、特定のウィルスなどに感染することによって発症するものです。性病によって引き起こされるさまざまな症状は、その性病の原因菌が体内で増殖をしているために発症するものです。

つまり、性病を治療するためには、この繁殖してしまった細菌やウィルスを除去するしか方法はありません。

これは、身体の免疫機能では出来ないものです。つまり、性病の症状を放置していても自然治癒することはないということですね。感染した細菌やウィルスに対応した医薬品などによる治療は必須となります。

性病を放置していても、症状がどんどん悪化していくだけです。なので、早めに対処するようにしましょう。

第一にするべきは性病検査

「性病に感染したかも!?」と思ったら、まずやるべきことは性病検査です。一重に性感染症といっても、さまざまな種類があります。そして、各性感染症によって治療方法は異なっています。

最初にするべきことは、自分が感染した細菌・ウィルスが何であるかを追求するということですね。

性病の症状には似通ったものが多くなっています。「Aという症状が発症しているからBという性感染症だ」といった感じで簡単に決めつけることは出来ません。

必ず専門医のもとで性病検査を受け、自分が感染した性感染症をピンポイントで正確に把握するようにしましょう。

性病検査では何科を受診する?

では、いざ医療機関で性病検査を受けるとなったら、何科を受診すれば良いのでしょうか。この答えは、性別や発症している性病の症状によって異なってくるので要注意です。

当然ですが、的外れな病院・クリニックを受診してしまうと、それだけ性病検査の精度も低いものとなってしまいます。

以下、性病検査を受けるクリニックの選び方について、簡単にまとめていきます。大事なことは、自分の症状にあった専門医のもとを受診することです。

自分の置かれている状況に合わせて、それにベストな病院・クリニックを受診できるようにしましょう。

精度が高いのは専門医

大前提として、性病検査やその後の性病治療をしていくにあたって最も頼りになるのは、性病科や感染症科のある医療機関になります。

これらの科には、当然ながら、性感染症に関する専門医が常駐しています。その分野のプロフェッショナルのもとでの検査や治療となるので、何より安心です。

しかし、性病科や感染症科がある病院・クリニックはそこまで多くはありません。都市部であればまだしも、地方では通える距離にない場合がほとんどかと思います。

また、専門的治療をする性病科や感染症科は、自由診療のみである場合が多くなっています。これらの理由で専門医を頼れない場合は、以下にまとめるような病院・クリニックで代替するようにしましょう。

男性の場合

いざ性病への感染が疑われる場合、その症状が発症する部位として多いのは性器周辺となりあす。男性であれば、ペニスから肛門の周囲にかけての範囲ですね。

この部位に性病の疑いのある症状が発症している男性の場合は、泌尿器科を受診することで検査・治療を対応してもらうことが出来ます。

泌尿器科医は、男性の身体の以下の部位の専門家です。

  • 腎臓
  • 膀胱
  • 尿道
  • 前立腺
  • 精巣

つまり、排尿痛やペニス周辺の痛みやかゆみに関しては、泌尿器科で十分に対処できます。その部位の性感染症に関する専門知識も有しているので、性病検査も適切に行ってくれるでしょう。

女性の場合

女性の場合は、泌尿器科で診てもらうことは出来ません。泌尿器科は男性を対象としています。なので、女性で性器や肛門周辺に性病と思われる症状が発症している場合は、まず婦人科を受診するようにしましょう。

婦人科医が専門に扱ってる身体の部位は以下のようになります。

  • 子宮
  • 卵巣

このように、女性器周りや女性に特有の病気や症状に詳しいのが婦人科医です。当然ながら、女性器周辺に発症することの多い性感染症についての知識もあります。普段受診している婦人科がある場合は、そこで性病についても質問をすることが出来ます。

喉に症状がある場合

性病は、何も性器周辺にのみ発症するものではありません。身体のさまざまな部位に発症する可能性のあるものです。中でも、性器の次に症状が発症することが多いのが、のど(咽喉)になります。のどへの性病の感染は、主にオーラルセックスによって起こります。

性病の中でもクラミジアや淋病はのどに症状が発症することが多くあります。

  • のどの腫れや痛み
  • 咳や発熱

このような場合は、泌尿器科や婦人科ではなく、耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。

のどに感染した性病は、風邪などの症状と見分けがつきにくくなっているので、耳鼻咽喉科の専門医にチェックしてもらういましょう。

まとめ:性病検査は専門医の下で

いざ「性病になってしまったかも」と気づいても、何科の医療機関を受診・検査をすれば良いか悩む方が多くいます。一番安心かつ確実なのは、性病科や感染症科になります。性感染症に関する専門医がいるので、安心して身を委ねることが出来ます。

性病科や感染症科が最寄りにない場合は、症状が発症している部位を基準に考えます。

  • 男性器周辺の症状:泌尿器科
  • 女性器周辺の症状:婦人科
  • のどにおける症状:耳鼻咽喉科

各部位の専門医ならば、その部位の性感染症に関しても知識があり、適切に対応してくれます。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

性病検査での病院の診療科
Average rating:  
 0 reviews

-病院
-, , , ,

Copyright© 性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ , 2018 All Rights Reserved.