性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ

クレンナビは性病と感染症についての専門サイトになります。性病といっても多くの種類があるので正しい知識と対処法を知る事で症状が悪化するまに改善することができます。

クラミジア感染症 ジェネリック医薬品 ディバイン マイコプラズマ肺炎 ミノマイシン

ディバインはおすすめのミノマイシンジェネリック!その効果と副作用は?

更新日:

本記事では抗生物質であるディバインについてまとめていきます。ディバインはミノマイシンのジェネリック医薬品です。そのため、ミノマイシン同様に以下のような感染症の治療に効果があります。

  • クラミジア感染症
  • マイコプラズマ肺炎
  • リケッチア症
  • ニキビのアクネ菌の殺菌

インド製の医薬品であるディバインを入手するためには、海外通販サイトから個人輸入をする必要があります。そのため、街中のクリニックでミノマイシンを処方してもらうよりも手間なく安価に入手することができます。

「忙しくてクリニックに行ってる暇がない」
「クリニックで保険証を提示することによる家族バレや会社バレを避けたい」
「ネットショッピング感覚で気軽に抗生物質を手にしたい」

このような思いを抱いている方におすすめなのがディバインです。いざという時のための常備薬としてもディバインを多くの方が活用しています。

>>ディバインのお得な通販はこちら<<

ディバインとは?

ディバインは、抗生物質であるミノマイシンのジェネリック医薬品です。インドのシプラ社が製造・販売をしています。

本サイトではクラミジア感染症の治療薬としてディバインを取り上げますが、それ以外にもマイコプラズマ肺炎やニキビなど幅広い症状の治療に効果があります。ミノマイシンと同様の抗菌効果をディバインにも期待することができます。

海外製の医薬品であるディバインは日本では未認可です。そのため、手にするためには海外通販サイトから個人輸入をする必要があります。医薬品の個人輸入での服用は自己責任となります。

しかし、ディバインにはクリニックに出向く手間を省けたり、薬にかかる費用を抑えることが出来たりと見逃せないメリットもあります。ミノマイシンをより手軽に安価に入手したいという方はディバインでの代用を選択肢に入れてみましょう。

ディバインの効果

ディバインの有効成分は、ミノサイクリン塩酸塩です。先発薬であるミノマイシンと同じです。そのため、ミノマイシンと同様に感染症への治療効果を期待することができます。

ミノサイクリン塩酸塩は、テトラサイクリン系抗生物質に分類されます。ペニシリン系やセフェム系など他の抗生物質が効かない以下の感染症にも効果があります。

  • クラミジア感染症
  • マイコプラズマ肺炎
  • リケッチア症
  • ニキビのアクネ菌の殺菌

ミノサイクリン塩酸塩は、タンパク合成阻害薬ともよばれます。身体に感染している細菌の体内に取り込まれることによって、その細菌がそれ以上タンパク質を作り出せないようにします。

タンパク質の合成が出来なくなった細菌は、それ以上の増殖をすることが出来なくなります。その結果、細菌の種類によって違いもありますが、ミノサイクリン塩酸塩を服用して3~4日もするとその細菌は死滅していくこととなります。

ディバインの特徴

ディバインの最大の特徴は、入手するのにかかる費用や手間が少なくてすむということです。

ディバインの先発薬であるミノマイシンは医療用医薬品であり、医師の処方せんがないと購入することが出来ません。そのため、ミノマイシンが欲しい場合は、面倒でも街中のクリニックに出向いて診察を受ける必要があるということです。

ミノマイシンの価格は、保険が適用されるので3割負担となりそこまでの出費とはなりません。しかし、一部の性病治療クリニックでは保険の適用がきかないために全額自己負担となる可能性があるので注意が必要です。

この点、ディバインならば海外通販で手軽に入手することが出来ます。海外通販といっても、日本語表記のECサイトになります。そのため、Amazonや楽天でネットショッピングをする感覚でミノマイシンと同等の医薬品を手にすることが出来るのです。

また、ジェネリックということもあり、価格も100mg錠で1錠あたり160円程度と非常にリーズナブルになっています。

>>ディバインのお得な通販はこちら<<

ディバインの副作用

ディバインの副作用に関しては、基本的にミノマイシンと同じと考えることができます。同じ有効成分ミノサイクリン塩酸塩を配合しているためですね。

特定の菌を死滅させるという強い効果をもつ抗生物質である以上、ミノマイシンおよびディバインには一定の副作用のリスクがあります。ミノマイシンおよびディバインの副作用の症状としては次のようなものがあります。

  • 吐き気
  • 食欲不振
  • 腹痛
  • 下痢
  • めまい
  • 頭痛
  • 発疹
  • じんましん
  • 光線過敏症
  • 皮膚や爪の色のくすみ
  • 口内炎
  • カンジタ症
  • ビタミンK欠乏症

よくある副作用は、胃腸の不快感です。これは、抗生物質としての殺菌作用が感染症の原因菌だけでなく、腸内細菌にも攻撃をしてしまっているためだと考えることができます。

もし症状がひどい場合には、ディバインの服用を止め医師の診察を受けましょう。体質との相性があるので、別な抗生物質に代えてもらえないか相談してみることをおすすめします。

ディバインの飲み方

ディバインの服用の用法用量に関しても、基本的にはミノマイシンと同じになります。クラミジアなど一般的な感染症の治療にあたっては、1回100mg~200mgを1日に1~2回に分けて服用するようにしましょう。

海外通販で販売されているディバインは、100mg錠のものが多くなっています。なので、基本的には1回に1錠か2錠ほどを服用するということですね。多くの場合において、この用法用量を2週間程度継続します。

服用してすぐに表面的な感染症の症状が治まるかもしてません。しかし、感染してしまっている細菌を完全に死滅させるためには、きちんと服用を継続していくことが必要になります。途中で服用をやめてしまうと、症状が再発する可能性もあるので注意しましょう。

ディバインの飲み合わせ

ディバインおよびミノマイシンの有効成分であるミノサイクリン塩酸塩には、飲み合わせの悪い医薬品があります。以下に代表的なものを紹介するので、今現在服用中の医薬品がある方は、その薬とミノサイクリン塩酸塩との飲み合わせをチェックするようにしましょう。

  • カルシウム剤
  • 鉄剤
  • アルミニウムやマグネシウムを含む制酸剤
  • ランタン(ホスレノール):高リン血症の治療薬

これらのタイプの医薬品とディバインやミノマイシンを一緒に服用してしまうと、有効成分ミノサイクリン塩酸塩の殺菌効果が弱まってしまいます。服用するときには、2時間以上の間隔を空けるようにしましょう。

また、医薬品ではありませんが、牛乳とディバインとの飲み合わせにも注意が必要です。カルシウム剤同様、ミノサイクリン塩酸塩の効果を弱めてしまいます。

  • ワルファリン:抗凝血薬
  • ジゴキシン:強心薬
  • メトトレキサート:リウマチの治療薬
  • 血糖降下薬全般

これらの薬は、ディバインやミノマイシンと一緒に服用することで、副作用が強く出てしまうリスクがあります。これらの医薬品とディバイン・ミノマイシンを併用するときは、事前に専門医に相談をしておくのが安心です。

ディバインの体験談

通販サイトを利用しての海外製医薬品の個人輸入。このように聞くとちょっとハードルが高く感じてしまうかもしれません。そのような場合は、ネット上に投稿されている体験談をチェックすることをおすすめします。

同じ悩みを持つ人がしてきたことを擬似体験できるために、海外通販をするという決断にあたっての良い判断材料となります。以下、ネットに投稿されていたディバインの体験談をひとつ抜粋して引用します。

37歳男性

ディバインはクラミジアの治療のために購入しました。感染源は、出会い系などでわりと遊んでいたので、そこかなと思いっています。いわゆる性感染症になったのは始めてだったので、おしっこでペニスに痛みを感じた時にはびっくりしました。

最初はクリニックに行くかなぁとも思っていたのですが、保険証などから万が一家族にクラミジアになったことがバレてしまったら、と思うとなかなかクリニックに行く気にはなれませんでした。そんな時に見つけたのが、海外通販サイトとそこで販売されていたディバインです。

クラミジア感染症を治療できる抗生物質で調べていて見つけました。ネット上の体験レビューなどを見ているとニキビの治療ばかりだったので、クラミジアに効果があるかは半信半疑でした。しかし、一刻も早く治療をしたかったので、ディバインを通販することにしました。

ネット上の用法用量に書いてあったとおりに飲み進めていましたが、クラミジアにはきちんと効いてくれたと思います。2週間ほど服用を続けていると排尿時の違和感もなくなり、特に気になる症状はなくなりました。

海外通販だと注文から配達までに10日間ほどかかってしまうので、これからは万が一の場合に備えて、ディバインを常に携帯しておこうと思います。家族にバレずにクラミジアが治療できてホッとしています。

まとめ:ディバインはクラミジアやニキビに効果のある抗生物質

ディバインはミノマイシンのジェネリック医薬品です。有効成分はミノサイクリン塩酸塩となります。以下のような感染症の治療に効果があります。

  • クラミジア感染症
  • マイコプラズマ肺炎
  • リケッチア症
  • ニキビのアクネ菌の殺菌

ディバインはインド製のジェネリック医薬品です。そのため、入手するためには海外通販サイトから個人輸入をする必要があります。個人輸入での医薬品の使用は自己責任となります。服用にあたっては、ミノマイシン同様に用法用量をきちんと守る必要があります。

海外通販することでディバインは、手軽に安価に手に入れることができます。

  • 購入にあたっては保険証を提示する必要なし
  • 1錠あたり150円程度で購入可能
  • クリニックに出向く手間もなくネットショッピング感覚で入手可能

これらのディバインのメリットに興味がある方は、ぜひ海外通販サイトを覗いてみて下さいね。

>>ディバインのお得な通販はこちら<<

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

ディバイン
Average rating:  
 0 reviews

-クラミジア感染症, ジェネリック医薬品, ディバイン, マイコプラズマ肺炎, ミノマイシン
-, , , , , , , ,

Copyright© 性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ , 2018 All Rights Reserved.