性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ

クレンナビは性病と感染症についての専門サイトになります。性病といっても多くの種類があるので正しい知識と対処法を知る事で症状が悪化するまに改善することができます。

カンジタ症 ニゾラールジェネリック 二ゾール 水虫・たむし

ニゾラールジェネリック(ニゾール)はカンジタに効果あり!その特徴と副作用は?

更新日:

本記事では、抗真菌薬である二ゾールについてまとめていきます。二ゾールはニゾラールのジェネリック医薬品となります。ニゾラールがクリームやローションなどの外用薬であるのに対して、二ゾールは服用する内服薬になります。

内服薬の二ゾールのほうが、外用薬のニゾラールよりも有効成分ケトコナゾールの吸収効率は良くなります。そのため、より強い殺菌効果を求める方には二ゾールがおすすめです。

二ゾールは海外製の医薬品です。そのため、入手するためには海外通販サイトから個人輸入をする必要があります。医薬品の個人輸入には、自己責任で服用するリスクや偽物を掴まされるリスクなどが存在します。しかし、一方で以下のような長所も存在します。

  • クリニックに出向く手間を省くことが出来る
  • 1錠あたりの単価を安く抑えることが出来る
  • 医師の処方せんなしでまとめ買いが出来る

このような利便性ゆえに、多くの方が海外通販で二ゾールを購入しています。

>>ニゾラールのお得な通販はこちら<<

ニゾラールジェネリック(ニゾール)とは?

 

ゾールはニゾラールのジェネリック医薬品です。ニゾラールと同じ有効成分であるケトコナゾールを含有しています。そのため、ニゾラール同様に真菌が原因となる感染症に対する治療効果があります。代表的な適応症には、水虫やカンジタがあります。多くの場合において、服用を2週間ほど継続することによって、症状の改善を自覚できるようになるとのことです。

二ゾールは海外製のニゾラールジェネリックです。そのため、日本国内では認可されておらず、流通もしていません。購入するためには、海外通販サイトから個人輸入をする必要があります。この海外通販での医薬品の個人輸入には以下のようなメリットがあります。

  • クリニックに出向く手間を省くことが出来る
  • 1錠あたりの単価を安く購入することが出来る
  • 処方せんが必要ないため、まとめ買いが出来る

二ゾールを海外通販で購入することによって、お金と時間と手間を節約できるということですね。少しでもお得に有効成分ケトコナゾールを含有する抗真菌剤を手にしたいという方は、ぜひチェックしてみて下さいね。

ニゾラールジェネリック(ニゾール)の効果

二ゾールの有効成分はケトコナゾールです。体内で繁殖してしまった真菌に対して殺菌効果があります。アゾール系抗真菌薬というカテゴリーに属する医薬品となります。このタイプの抗真菌薬は、効き目が良く副作用のリスクも少ないことから、さまざまな真菌を原因とする感染症の治療に使われています。ケトコナゾールの適応症には以下のようなものがあります。

  • 足白癬(水虫)
  • 体部白癬(ぜにたむし)
  • 股部白癬(いんきんたむし)
  • カンジダ症
  • 癜風

「体内で繁殖した真菌を殺菌する」

このように聞くと、体内にもとより存在している善玉の最近にも悪影響があるのではと思われる方もいるでしょう。しかし、この心配は必要ありません。真菌の細胞とヒトの細胞とではその作りが異なります。ケトコナゾールは真菌の細胞のみがもっているエルゴステロールという成分に作用するものです。そのため、ヒトの細胞に対して殺菌作用などを及ぼすことはほとんどありません。

ニゾラールジェネリック(ニゾール)の特徴

ニゾラールの特徴の1つ目は、内服薬であるということです。先発薬であるニゾラールは内服薬ではありません。外用薬としてのクリームタイプとローションタイプがあるのみです。言うまでもなく、内服薬は外用薬よりも身体に強い作用をもたらします。

胃や小腸から有効成分を吸収するのと、皮膚から吸収するのとでは、前者のほうが吸収効率は良くなります。そのため、外用薬としてのニゾラールで思ったような効果が得られなかった方でも、内服薬である二ゾールならばしっかりとした治療効果を体感できることもあります。

二ゾールの特徴の2つ目は、インド製のジェネリック医薬品であり海外通販で購入をするということです。インド製ジェネリック医薬品は高品質と低価格を両立しているとして世界中で信頼を集めています。これは二ゾールにおいても同じで、1錠あたり150円程度というお得な価格で購入することができます。

また、海外通販ならばクリニックに出向き診察を受けるという手間を省くことも出来ます。先発薬ニゾラールは医療用医薬品として認可されており、医師の処方せんなしでの購入は出来ません。一方の二ゾールは、ネットショッピング感覚で海外通販サイトから手軽に購入できるとう利点があります。

ニゾラールジェネリック(ニゾール)の副作用

前述のように、内服薬である二ゾールは外用薬であるニゾラールよりも身体に強く作用します。これは、副作用のリスクも二ゾールのほうがニゾラールよりも高くなるということを意味します。

塗り薬であるニゾラールにはちょっとした肌の刺激のほかは目立った副作用の症状はありません。しかし、同じケトコナゾールの医薬品であるにもかかわらず、内服薬の二ゾールの場合は次のような副作用の症状に気をつける必要があります。

  • 胃腸の症状:胃の不快感、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢など
  • 肌の症状:発疹、かゆみなど
  • 肝機能の症状:だるさ、食欲不振、肌が黄色くなるなど

これらの二ゾールの副作用の症状で特に気をつけるべきは、肝臓機能の異常です。二ゾールの服用が長期間におよぶと肝臓機能の異常が重症化することがまれにあります。水虫の治療などでアゾールを服用する場合は、完治まで時間がかかることがあります。そのような時に肝臓機能の異常を感じたら、クリニックなどで肝機能検診を受けるようにしましょう。

>>ニゾラールのお得な通販はこちら<<

ニゾラールジェネリック(ニゾール)の飲み方

二ゾールの基本的な飲み方は次の通りです。

  • 水虫やいんきんたむしなどの皮膚真菌症:1日1回200mgを服用する
  • 膣カンジタ症:1日1回400mgを服用する

二ゾールは1錠あたり200mgのケトコナゾールが含有されています。そのため、水虫治療では1日1錠、膣カンジダ症の治療には1日2錠服用することになります。

これらは用法用量は、感染症の症状や患者の体格・年齢などによって変わることがあります。

「思った治療効果が得られない」
「副作用の症状が強く出てしまう」

このようなことになった場合は、専門医のいるクリニックを訪れ、その旨を相談するようにしましょう。個人で服用量を増減させることは危険がともないます。あくまで医師の指導の元に用法用量を変更するようにしましょう。

また、二ゾールを飲むタイミングとしては食後すぐになります。食間時、空腹時など胃が空っぽの状態では、二ゾールの吸収が悪くなってしまいます。食後とそうでない時とでは、吸収効率が半分程度になってしまうようです。その点、注意するようにしましょう。

ニゾラールジェネリック(ニゾール)の飲み合わせ

二ゾールには、他の内服タイプのアゾール系抗真菌薬と同じように、併用に注意するべき医薬品があります。その数は結構な量にのぼります。その代表的なものを以下に抜粋してまとめます。が、その全てを専門家ではない私たちが把握するのは難しいことです。もし、常用している薬と二ゾール(ケトコナゾール)との飲み合わせに不安がある場合には、必ず医師に相談するようにしましょう。

二ゾールとの飲み合わせに注意するべき医薬品には次のようなものがあります。

  • アゼルニジピンなどの降圧薬:有効成分の代謝が上手く出来なくなり副作用のリスクを高めるため
  • ワーファリンなどの抗凝固剤:降圧薬同様、成分が効きすぎて出血などの副作用のリスクを高めるため
  • リファンピシンなどの抗結核薬:ケトコナゾールの血中濃度を下げ、殺菌効果を弱めるリスクがあるため

また、二ゾールはお酒との飲み合わせも悪くなっています。アルコールとケトコナゾールを併用することで、肝臓や胃腸の副作用が発症しやすくなるためです。十分に注意を払うようにしましょう。

ニゾラールジェネリック(ニゾール)の体験談

繰り返しになりますが、二ゾールには先発薬であるニゾラールにはない以下のような利点があります。

  • 有効成分の吸収効率のよい内服薬であること
  • 海外通販で手間や費用を抑えることが出来ること

これらの二ゾールのメリットに興味がある方も多いかと思います。ただ、そうはいっても、海外製の医薬品や海外通販(個人輸入)というものに対して不安や疑問を覚えている方も少なくないはずです。特に、はじめて海外通販を利用するという場合は、何かと心配になることも多いでしょう。

そのような場合は、ネット上にてシェアされている体験談をチェックすることをおすすめします。患者側からの視点になるので、参考になる点も多いかと思います。以下にも海外通販サイトに投稿されていた二ゾール購入者の体験談を抜粋して紹介します。気になる方は、ぜひチェックして下さいね。

32歳女性

仕事が忙しくなり疲れがたまるとすぐにカンジタがでてきてしまいます。おそらく疲れで身体が弱っているときは、身体の抵抗力が弱くなっているためにカンジタが発症しやすくなるのでしょう。年に数回はカンジタに悩まされますが、そのたびにクリニックに行って薬を処方してもらうのは面倒でしょうがありませんでした。

で、そんな時に見つけたのが、海外通販による二ゾールの購入です。ネットで注文するだけで、自宅まで医薬品を届けてくれるのは嬉しいですね。抗真菌薬に関しては、勝手知ったるものなので、個人輸入のリスクは特に気にしませんでした。

注文してから実際に届くまでは10日間ほどかかります。なので、カンジタ症が発症する前に家に常備薬としてストックしておくようにしています。なんとなく身体がカンジタの兆候を察知したらすぐ二ゾールを飲むようにしています。症状が悪化する前に対処できるのでおすすめです。

まとめ:内服薬タイプのケトコナゾールなら二ゾールを

二ゾールは抗真菌薬のニゾラールのジェネリック医薬品になります。先発薬であるニゾラールにはクリームやローションなどの外用薬しかありません。一方の二ゾールは内服薬である錠剤になります。内服薬のほうが有効成分ケトコナゾールは体内に吸収されやすくなります。

「ニゾラールクリームを使っているけどあまり効果がない」
「より強力な抗真菌効果がある医薬品を使いたい」

このようなことを思っている方に二ゾールをおすすめします。

海外製の医薬品である二ゾールの入手方法は、海外通販サイトからの個人輸入になります。医薬品の個人輸入には、「自己責任で服用しなければいけない」などのデメリットが存在します。しかし、そのデメリットを打ち消すような以下のようなメリットがあるのもまた事実です。

  • クリニックに出向く手間を省くことが出来る
  • 1錠あたりの単価を安く抑えることが出来る
  • 医師の処方せんなしでまとめ買いが出来る

より手軽に有効成分ケトコナゾールを配合した抗真菌薬を入手したいという方にぴったりなのが二ゾールです。

>>ニゾラールのお得な通販はこちら<<

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

-カンジタ症, ニゾラールジェネリック, 二ゾール, 水虫・たむし
-, , , , , , , , ,

Copyright© 性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ , 2018 All Rights Reserved.