性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ

クレンナビは性病と感染症についての専門サイトになります。性病といっても多くの種類があるので正しい知識と対処法を知る事で症状が悪化するまに改善することができます。

病院

生理中でも性病検査は可能?女性が検査で注意するポイント

更新日:

本記事では、生理期間中の性病の検査についてまとめていきます。生理期間中には、一部の性病の検査が困難になります。おりもの採取によって感染を判断するタイプの性病に関しては、生理期間中の検査は推奨されていないので注意が必要です。

一方で、生理期間中でも関係なく検査を受けることの出来る性病もあります。それは、血液採取によって検査を行う性病です。腕からの血液の採取は、特に生理の影響を受けません。そのため、生理期間中でも、特に問題なく検査を受けることが出来ます。安心して医療機関を訪れましょう。

生理期間中に性病の疑いが…

生理の時期と性病の発症とが被ってしまうことは、決して珍しいことではありません。また、生理の状態がいつもと違うことから性病の感染に気づくこともあるでしょう。このように、自分の性病に気づいた時がちょうど生理期間中であった場合には、どのように対処すれば良いのでしょうか。

本サイトで繰り返し述べているように、性病の疑いに気づいたときには、まずは病院・クリニックでの検査が必要となります。しかし、生理期間中は、膣から経血が出ている状態かと思います。

そのような状態のままで性病検査を受けることは可能なのでしょうか。以下に、生理期間中の性病検査についてまとめていきます。

生理期間中でも検査のできる性病

結論から言ってしまうと、女性の生理期間中には検査できる性病と検査できない性病とがあります。性病の種類によって変わってくるということですね。生理期間中でも検査が問題なく出来るタイプの性感染症としては、次のようなものがあります。

  • HIV
  • 梅毒
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • ヘルペス

これらの性病の検査は、血液を採取することによって行います。なので、生理中でも問題なく検査することが出来るとされています。症状からこれらの性病が疑われるときには、生理中でも関係なく、病院・クリニックに行くようにしましょう。

生理期間中には検査を避ける性病

では、逆に生理期間中には、検査を見送るべき性病にはどのようなものがあるのでしょうか。生理中に検査ができない性感染症としては、次のようなものがあります。

  • クラミジア
  • 淋病
  • トリコモナス
  • カンジタ
  • 膣炎

これらの検査は、おりものを採取することによって行います。

そのため、おりものに不純物が混ざってしまう生理期間中であると、正確な検査をすることが出来ないとされています。もし、症状から事前にこれらの性病への感染確率が高いような場合は、生理期間中に病院・クリニックを訪れるのは見送ったほうが良いかもしれません。

生理前後の体調の変化に要注意

多くの女性は、いざ性病に感染しても自覚症状がないことが多いとされています。この理由のひとつは、性病による体調の変化を生理期間前後による体調不良と勘違いしてしまうためとされています。

性病による症状が発症しているのに、「生理前で体調が悪いのかな」と判断してしまうということですね。

女性における性病は、男性のそれよりも症状が出にくいとされています。そのため、多くの女性が自分の性病感染に気づかずに日々を過ごしてしまっています。

性病は放置して良いものではありません。生理前後であっても、普段とは違う体調の変化に気づいた場合は、性病の感染も疑ってみるようにしましょう。

女性が性病検査を受けるにあたっての注意点

いまだに一部の女性にとっては、性病の検査のために病院・クリニックを訪れるというのは、ハードルの高い行為であり続けているとのことです。しかし、だからといって、性病の疑いがあるにも関わらず、そのまま放置をしておくのは問題があることです。

性病検査にあたって多くの女性が不安・疑問に思うだろうことを以下にまとめました。性病検査に苦手意識を感じている方は、ぜひその思い込みを払拭し、性病検査に気軽に行けるようにしましょう。

実際にやってみると分かることですが、病院・クリニックでの性病検査はそこまで大変なことではありません。

性病検査で婦人科を受診することは恥ずかしい?

「性病の検査のために病院に行くのって恥ずかしい」

特に若い世代の女性は、性病検査についてこのように思っていることが多いようです。しかし、実際にはそのようなことはありません。婦人科を訪れたとしても、他の患者さんにあなたの病状がバレることはまずありません。

また、都会の婦人科のクリニックであれば、日々100人以上の患者さんが出入りしているところがあります。そのようなところでは、性病検査を受けに来た一人の女性には、そこまで気をかけたりしません。

なので、性病を恥ずかしがることなく、最寄りの病院・クリニックを訪れるようにしましょう。

男性の医師でも大丈夫?

「男性医師にあれこれ性生活を探られるのは嫌だ」
「男性医師に陰部を晒すことに抵抗がある」

このような女性は多くいるかと思います。この気持ちが強い場合は、「性病検査をする医師は男性が多い?」という記事でまとめたように、女性医師が診察してくれるクリニックを訪れるのもひとつの手です。

ただし、忘れてはいけないのは、男性医師もプロだということです。日々何人もの女性を相手にしているのが普通です。そのため、女性だからといって特別気にしたりといったこともありません。

男性医師を個人指名する女性患者さんもいるぐらいなので、男性医師にそこまで苦手意識をもつ必要はないでしょう。

パートナーと一緒に性病検査出来る?

性病には、「ピンポン感染」という言葉があります。ピンポン感染とは、カップルの一方が性病に感染することで、相手にも同じ性病を移してしまうことです。

この場合、どちらか一方が性病治療をしたところで、パートナーとセックスをすることで再び性病に感染してしまうリスクがあります。

このようなこともあり、カップルは同時に性病検査をすることが推奨されています。ただ注意しなければいけないのは、一部の婦人科クリニックは、男性の患者を受け付けていないということです。その場合は、残念ながら、カップルで別々のクリニックを訪れるしかありません。

アンダーヘアの処理は必要?

性病の検査をするにあたっては、事前に医師に患部を診察してもらうことになります。症状が発症している部位によっては、陰部を医師にさらさなければいけないことも当然あります。

そのような場合に頭に浮かぶ疑問は、「診察に備えてアンダーヘアは処理しておいたほうが良いのか」ということです。

この答えとしては、「性病の検査をするにあたっては、アンダーヘアの処理は全く必要ない」となります。

ネット上で婦人科の先生が述べていましたが、診察をするにあたっては患者さんのアンダーヘアは全然気にならないそうです。なので、性病検査にあたっては、無理にアンダーヘアを処理することはありません。

まとめ:生理中の性病検査には気をつけて!

性病というのは、いつなるか分からないものです。場合によっては、生理期間中に性病の感染に気づくこともあるかと思います。生理中の場合、一部の性病の検査は正確に出来ないことがあります。おりものを採取することによって検査する性病などがこれにあたりますね。

一方、採血によって検査をするタイプの性病に関しては、生理期間中であっても問題なく治療することができます。

自分が感染している性病に心当たりがある場合は、それが血液採取をするものなのかおりもの採取をするものなのかを見極めましょう。おりもの採取の性病の場合は、生理期間中に病院を訪れるのは避けたほうが無難です。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

Average rating:  
 0 reviews

-病院
-, , , , , , ,

Copyright© 性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ , 2018 All Rights Reserved.