性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ

クレンナビは性病と感染症についての専門サイトになります。性病といっても多くの種類があるので正しい知識と対処法を知る事で症状が悪化するまに改善することができます。

風俗と性病

風俗に行っても出来るだけ性病に感染しない方法とは?

更新日:

本記事では、風俗で遊ぶにあたって、性病への感染リスクを下げるポイントについてまとめていきます。風俗で遊ぶ限りにおいては、性病のリスクから完全に逃れることは出来ません。どれだけ対策をしたとしても、運が悪ければ、何らかの性病に感染してしまうこともあります。

とはいえ、きちんとした予防法を実践することで、その性病へ感染リスクを出来るだけ下げることが出来ます。本記事ではゴムの着用など4つのポイントを挙げます。これらを意識するのとしないのとでは、性病リスクが大きく変わってきます。ぜひ意識して風俗遊びをするようにしましょう。

風俗遊びにおいて性病リスクは避けられない

本サイトにて繰り返し述べていることですが、風俗遊びをする上では、性病に感染するリスクをゼロにすることは不可能です。風俗遊びを繰り返していれば、誰であっても一定の確率で性病になってしまうことがあるということですね。これはなかば仕方のないことです。

どうしても性病になりたくないという場合は、風俗遊びを一切止めるしかありません。固定のパートナーとだけセックスをするようにしていれば、性病に感染するリスクは最小限に抑えることができます。しかし、なかなかそうはいかないのが男性のつらいところです。

性病検査を義務付けているのは高級店だけ

一部の風俗店では、所属する風俗嬢に対して性病検査の結果の提出を義務付けているところもあります。もし、その検査結果で何らかの性病の陽性反応が出た場合には、その風俗嬢は治療が終わるまでは出勤停止となるわけですね。

しかし、そのような性病検査を義務付けている風俗店は、ほんの一握りです。

一部の高級ソープなどでは、しっかりと所属する風俗嬢を管理しているところもあるようです。しかし、大多数の風俗店においては、そうではありません。単価が安く大量のお客を相手にするような大衆店・格安店においては、性病検査を行っていない場合がほとんどであるとのことです。

格安店では性病を押して出勤する女性も

そのような大衆店・格安店においては、自分が性病に感染していると分かっていても出勤を続ける女性もいるようです。というのも、性病をお店に報告し出勤が制限されてしまうと、風俗嬢は収入がなくなってしまうからです。生活のために、性病をひた隠しにしながら働き続ける嬢もいます。

とくに、バイト感覚で働くことの出来るライトな風俗店においては、そのような衛生管理意識の低い女性が多いようです。ピンサロや格安デリヘルでの性病の蔓延が問題となっているのは、そのためですね。風俗店と性病とは切っても切れない関係にあるということです。

考えなしでは確実に性感染症になる

そのため、何の考えなしに風俗遊びを繰り返していると、いつかは必ず何らかの性感染症になってしまいます。薬で対処できるような性感染症の場合はまだ良いですが、そうではない場合もあります。仮にHIVなどになってしまったら、その後の人生が台無しになってしまいますよね。

なので、風俗遊びをしながらも、性感染症にはかからないように、出来るだけ注意しなければいけません。男性客側がちょっと気をつけるだけで、性病に感染するリスクはグッと下げることが出来ます。自分の将来のためだと思って、ちょっとでも意識してみることが大切です。

風俗遊びにおける性病感染を予防するために

風俗店で遊ぶにあたって、男性客が出来る性病予防にはどのようなものがあるのでしょうか。以下に考えられるものを4つまとめていきます。その全てを満たすことは、難しいかもしれません。なので、出来る範囲からで良いので意識してみるようにしましょう。

また、4つ全てを満たして風俗遊びをしたとしても、性病に感染するリスクをゼロに出来るわけではありません。しっかり予防していたとしても、運が悪ければ、性病になってしまうこともあります。ただ、予防をやらないよりはやったほうがうんとマシです。ぜひ意識してみて下さいね。

コンドーム着用を徹底する

風俗遊びにおける性病予防として、もっとも効果があるのはコンドームの着用です。一部の風俗店では、暗黙の了解としてコンドームの着用なしでのプレイを行っています。当然のことですが、そのようなお店で遊ぶと、その分だけ性病に感染しやすくなるので注意しましょう。

また、オーラルセックスにおいてもコンドームを着用すること重要です。あまり意識されないことですが、ピンサロなどのオーラルセックスのみの風俗店においても、性病には感染します。そのリスクを下げるためにも、心を鬼にして、コンドームの着用を自分に課すようにしましょう。

性病管理を徹底している店を選ぶ

また、出来るだけ利用する風俗店は、性病検査を所属する風俗嬢に徹底しているなど衛生管理意識の高いお店を選ぶようにしましょう。

もちろん、「風俗嬢の性病検査は気休め?潜伏していたら・・・」という記事にてまとめているように、性病検査をしているからといって、性病感染リスクがなくなるわけではありません。

ただそれであっても、性病検査が義務付けてられていないお店よりは、性病感染のリスクは低くなることは事実でしょう。そのようなお店の場合は、店内の衛生管理も徹底している場合が多くなっています。

出来るだけそのような、しっかりと運営されている風俗店を見つけ出すようにしましょう。

レア出勤嬢と遊ぶ

性病に関して言えば、風俗嬢の出勤日数も大事です。当然のことながら、たくさんのお客を相手にしている嬢ほど性病に感染するリスクは高くなります。ということは、出勤日数が少なく、あまり多くのお客を相手にしていない嬢のほうが、性病に感染しているリスクは少ないということです。

最近では、各風俗店のHPをチェックすることで、それぞれの嬢の出勤状況をチェックすることができます。

タイプの嬢を探すことがほとんどかと思いますが、その時にできるだけ出勤日数が少ないレア嬢を選ぶことを心がけましょう。鬼出勤嬢よりは、そのような嬢のほうが、性病の確率は低くなります。

プレイ後の衛生管理をしっかりする

また、風俗で遊び終わった後の対応も大事です。出来ることならば、プレイ後にはシャワーを浴びるなど、身体を綺麗な状態にするようにしましょう。

プレイが終わってすぐならば、性病の細菌やウィルスを洗い流せる可能性も高くなります。風俗においてプレイ前後のシャワーは、衛生面から非常に大事です。

また、同様の意味で、プレイ後にはすぐにおしっこをすることも効果があるとされています。性病の細菌やウィルスの多くは、尿道から身体の中に侵入します。

そのため、感染してすぐならば、尿と一緒に体外へ排出することも出来るようです。プレイ後にはトイレへ寄っていくことを習慣づけましょう。

まとめ:少しでも性病の感染リスクを下げるために

風俗で遊ぶことは、性病の感染と背中合わせとなります。風俗で遊び続けている限り、性病のリスクからは逃れることが出来ません。ただし、ちょっと意識した行動をすることによって、性病に感染するリスクを下げることは可能になります。

本記事で指摘した風俗遊びにおける性病感染予防のポイントを意識して、少しでも安全に風俗で楽しめるようにしましょう。風俗は紳士の遊びであることは言うまでもありません。出来る範囲から上記のポイントを意識して、性病とは無縁な風俗ライフを送りましょう。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

風俗店で性病に感染しない予防法
Average rating:  
 0 reviews

-風俗と性病
-, , , , , ,

Copyright© 性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ , 2018 All Rights Reserved.