性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ

クレンナビは性病と感染症についての専門サイトになります。性病といっても多くの種類があるので正しい知識と対処法を知る事で症状が悪化するまに改善することができます。

A型肝炎 男女共通の感染症

A型肝炎の症状の特徴と治療方法

投稿日:

本記事では、感染症のひとつであるA型肝炎についてまとめていきます。A型肝炎ウィルスに感染することでA型肝炎は発症します。その症状としては、発熱、吐き気、黄疸などです。

これらの症状は、肝機能が低下することによって発症するものです。A型肝炎の治癒までには、1~2ヶ月間ほどかかります。

日本人がA型肝炎に感染する場合、そのほとんどは衛生状態の悪い発展途上国に渡航したことによるものです。

なので、A型肝炎への感染リスクが高い地域を訪れる予定がある場合には、事前にA型肝炎の予防接種を受けておくことが推奨されています。ほとんどの日本人は、A型肝炎の抗体を持ち合わせていないので注意が必要です。

A型肝炎かも?発症時の特徴

A型肝炎は、A型肝炎ウィルスによって引き起こされる感染症です。A型肝炎の初期症状としては、以下のようなものがあります。

  • 急な発熱
  • 全身のだるさ
  • 食欲の低下
  • 吐き気や嘔吐

これらの症状は、A型肝炎ウィルスに感染したからといって、すぐに発症するわけではありません。A型肝炎ウィルスには、2~7週間ほどの潜伏期間があります。その期間を経て、これらの症状が発症することになります。

A型肝炎の症状は、子どもよりも大人のほうが重くなる傾向にあります。子どもの場合は、A型肝炎ウィルスに感染しても、症状が出ないままで終わってしまうこともあります。A型肝炎の症状が重症化しやすいのは40~50歳の年代の人です。

50歳以上の場合、A型肝炎による死亡率は、1.8%と通常の2倍程度になります。日本における年間のA型肝炎の患者数は、500人前後となっています。

A型肝炎の症状

上記のような初期症状の他には、A型肝炎の症状としては次のようなものがあります。

  • 黄疸
  • 肝腫大(肝臓の肥大化)
  • 尿の色が濃い茶色になる
  • 便の色が灰白色になる
  • 筋肉痛
  • 腹痛
  • 頭痛

これらの症状は、A型肝炎ウィルスに感染したことによって、肝機能が低下したために起こるものです。そのため、これらの症状は、肝機能が正常化するまでの1~2ヶ月間ほど続くことになります。

他の肝炎と違い、A型肝炎は慢性化することは少なくなっています。一度治ってしまえば、予後は良好となっています。正常化するまでの期間も短くてすむということですね。

これらのA型肝炎の症状が重症化するのは、感染者が高齢者である場合がほとんどです。若い世代の場合は、軽い症状のみでそこまで重い症状に悩まされることもありません。

A型肝炎の感染経路

A型肝炎ウィルスの感染経路としては、いわゆる経口感染(糞口感染)となります。A型肝炎ウィルスは、感染者の糞便に含まれています。そのウィルスに感染した糞便が何らかの形で、人の手を介して口に入ることで新たに感染することになります。

このような経口感染は、衛生状態の悪い発展途上国で多くなっています。上下水道が整備されたところでは、感染のリスクは低くなります。

日本人が経口感染に感染する場合は、そのほとんどが海外での感染となります。A型肝炎のリスクが高い国に渡航し、その場で生水、生肉、生野菜などを摂取したことによって感染してしまいます。

衛生状態が悪い地域に渡航する場合は、事前にA型肝炎のワクチンを摂取することが大切です。A型肝炎のワクチンは半年にわたって3回接種するものです。そうすることで、5年間はA型肝炎に対して有効になります。

A型肝炎の症状が進行すると

前述したように、A型肝炎が重症化するのは、50歳以上などの高齢者の場合となります。A型肝炎に感染する人の年齢が上がれば上がるほどに、A型肝炎の症状は重症化していきます。

ひどくなると、A型肝炎の症状が発症している1~2ヶ月にわたって、入院が必要となる場合もあるようです。また、A型肝炎感染者の0.1%ほどですが、劇症肝炎(急性肝不全)となり死亡してしまうケースもあります。

A型肝炎が重症化すると、細胆管炎性肝炎になることがあります。このタイプの肝炎になってしまうと、症状がおさまるまで半年以上の期間が必要となります。衛生状態の良くなった日本では、ほとんどの人がA型肝炎に免疫がありません。

A型肝炎の抗体保有率が低いということですね。そのため、A型肝炎への感染リスクがある場合には、事前にワクチンを接種するなどして予防しておくことが必要となります。

A型肝炎の治療方法

A型肝炎には、これといった治療方法はありません。安静にしておき、身体にA型肝炎ウィルスへの抗体が出来るのを待つしかないということですね。

高齢者の場合などでA型肝炎の症状が重症化してしまった場合は、入院して個別の症状に応じた治療を行っていくことになります。上記のように、A型肝炎の症状の発症が続くのは、だいたいの場合では1~2ヶ月間程度です。

A型肝炎に感染してしまった場合、この期間は安静にしておく必要があります。このように、A型肝炎には明確な治療方法がありません。そのため、後述するように、いかにA型肝炎への感染を予防するかということが大事になります。

A型肝炎が蔓延している地域に赴く場合には、口にするものに気を配るとともに、事前にワクチンなどで予防をしておくようにしましょう。

A型肝炎で気をつけるべき事

A型肝炎はワクチンで予防することが出来ます。衛生状態が良い日本では、ほとんどの人がA型肝炎の抗体を持ち合わせていません。そのため、衛生状態の悪い地域に滞在する前には、事前にA型肝炎ワクチンを接種することが推奨されています。

A型肝炎ワクチンは、アメリカでは子どもの定期接種に指定されているほどにポピュラーなものです。1歳から全員が受けることになります。

日本では、2013年より子どもでもA型肝炎ワクチンを受けることが出来るようになりました。A型肝炎のワクチンとしては、次のようなものがあります。

  • エイムゲン
  • Havrix
  • Twinrix

東南アジア、南アジア、南アメリカなどの発展途上地域を訪れる場合んは、事前にトラベル外来のあるクリニックを訪れ、これらのA型肝炎ワクチンを接種しておくようにしましょう。

まとめ:A型肝炎はワクチン接種で予防する

A型肝炎ウィルスに感染することによって、A型肝炎は発症します。その症状としては、発熱、吐き気、黄疸などです。

一度、A型肝炎に感染すると、これらの症状は1~2ヶ月間にわたって続くことになります。明確な治療方法はなく、身体にA型肝炎ウィルスへの抗体ができるのを待つしかありません。

日本人がA型肝炎に感染する場合の多くは、衛生状態の悪い地域に渡航したことによるものです。そのような地域での食事などからA型肝炎に感染してしまいます。

A型肝炎で大事なことは、ワクチンで予防することです。発展途上国に渡航する予定がある場合には、事前にA型肝炎の予防接種を受けておくようにしましょう。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

A型肝炎
Average rating:  
 0 reviews

-A型肝炎, 男女共通の感染症
-, , , ,

Copyright© 性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ , 2018 All Rights Reserved.