性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ

クレンナビは性病と感染症についての専門サイトになります。性病といっても多くの種類があるので正しい知識と対処法を知る事で症状が悪化するまに改善することができます。

病院

病院で性病検査をした場合の検査結果までの流れ

更新日:

本記事では、病院・クリニックで行う性病検査の流れについてまとめていきます。性病かなと思われる自覚症状がある場合には、病院・クリニックにて検査を受ける必要があります。その流れは以下の通りです。

  • 問診
  • 診察
  • 各種検査
  • 検査結果の報告

性病検査といっても、やることは簡単な血液検査や尿検査だけというのがほとんどです。患部の診察を受けるときは、若干の恥ずかしさはあるかもしれません。

しかし、感染した性病を特定し適切な治療をするためには必要なプロセスです。自覚症状がある場合には、すぐに病院で検査を受けるようにしましょう。

性病検査は病院が安心

「ひどい排尿痛を感じる」
「おりものから変なにおいがする」
「性器周辺にイボができてる」
「性器周辺がやたらとかゆい」

このような症状を自覚した場合、何らかの性病に感染している可能性があります。そのような場合にまずやるべきことは、性病検査を受けて自分の感染した性病が何であるかを特定することです。

性病検査は、病院・クリニックなどの医療機関で受けることが出来ます。医療機関の選び方については、「病院で性病検査をするなら何科?」という記事を参照下さい。専門医の下で診察・検査を受けることで、きちんと性病を特定し、適切な治療を受けることができます。

性病を自分で診断するのは危ない

最近では、病気や治療に関する知識もインターネットで色々と調べることが出来ます。これは性病に関しても同じです。そのため、わざわざ病院に行くことなく、自分でサクッと調べて薬で治療するなんて人も多くいます。しかし、この行為はあまりおすすめできるものではありません。

性病にはさまざまな種類があります。そして、それぞれの性病によって治療方法は異なっています。つまり、まず大事なことは、自分が感染した性病をきちんと特定するということですね。

ネットで聞きかじった情報だけで判断してしまうと、適切な処置が出来ないどころか症状が悪化してしまう可能性があります。

保健所では全ての性病をカバーできない

一部の保健所では、性病の検査を無料で行っています。代表的なものは、HIVの検査ですね。全国のさまざまな施設にて、HIVの検査は無料で行われています。そのような保健所の一部では、梅毒やクラミジアなどのメジャーな性病に関しても性病検査をしてくれる場合があります。

しかし、それらの性病検査は、HIVと比べると、行われている施設も少なく頻度も少なくなっています。また、一部の性病しか対象となっていないので、マイナーな性病に感染していた場合は対応することが出来ません。これを踏まえると、やはり性病検査には病院が安心かと思います。

病院での性病検査の流れ

「病院での性病検査って何をされるんだろう」
「医師の前で裸にならないといけないのかな」

病院・クリニックに初めて性病で訪れる場合は、何かと不安になることも多いかと思います。性病検査と聞くと、何か大掛かりなものを考えてしまいますよね。

しかし、実際にはそのようなことはありません。検査自体は非常に簡単なものです。意外なほどにあっさり終わってしまいます。あれこれと思い悩んでいるならば、思い切って病院に行くようにしましょう。以下、医療機関における性病検査の流れについてまとめていきます。

事前に訪れるクリニックを確認

まずは、最寄りで訪れることのできるクリニックを探すことから始まります。当然ですが、どの病院でも性病検査をやってくれるわけではありません。ちゃんと性病に関しての知識がある医師のもとで検査を受ける必要があります。そのような医師がいる病院・クリニックを探しましょう。

また、「性病検査をする医師は男性が多い?」という記事でもまとめましたが、「男性医師/女性医師のどちらかがいい」という希望がある場合には、それもしっかりチェックしておきましょう。

性病検査をメインでやっている施設では、スタッフを含め全員が男性/女性であるところもあります。

医師との問診

性病の疑いがあり検査を受けるために病院・クリニックを訪れた場合、まず最初にすることは問診です。診断の参考となる情報を得るために、医師に対して病歴や病状などを伝えることです。この問診は、問診票への記入か医師との直接の問診で行います。

性病の場合、この問診は特に大事となっています。

「いつ症状が出たか」
「周囲に似たような症状の人はいるか」
「最後にセックスをしたのはいつか」
「同性愛者であるか否か」
「アナルセックスやオーラルセックスはするか」

このようなプライベートに踏み込んだ質問をされることになるので、あらかじめ気持ちの準備をしておきましょう。

患部の診察

問診が済んだら、次は診察となります。基本的には、患部を目視で確認することによって行います。喉奥のクラミジアや淋病の場合はまだ良いでしょうが、性器周辺の性病の場合は何かと大変です。医師の前で下半身を晒すことになる可能性も大いにあります。

また、場合によっては目視だけにとどまらず、膣内に器具を入れたり肛門に指を入れることもあるようです。この診察が性病の検査において最も恥ずかしいパートです。性病検査をするにあたっては仕方のないことなので、諦めて受け入れるようにしましょう。

血液および尿の採取

診察の次は、実際に検査をしていくことになります。性病の検査は、主に次の4種類で行われます。

  • 血液検査
  • 尿検査
  • おりもの検査
  • のど検査

血液検査では、以下のような性病の感染を確認することができます。

  • HIV
  • 梅毒
  • ヘルペス
  • 肝炎

尿検査でわかる性病は次の通りです。

  • クラミジア
  • 淋病

おりもの検査は女性に特有の性病を検査するものです。綿棒のようなもので、膣内の粘膜部分から摂取します。おりもの検査では以下のような性病の感染確認が出来ます。

  • クラミジア
  • 淋病
  • 膣炎
  • ガンジダ
  • トリコモナス

のど検査は、綿棒でのどの粘膜を採取する検査です。以下の性病の確認が出来ます。

  • 咽頭クラミジア
  • 咽頭淋病

結果の報告を受ける

検査が終わったら、あとは検査結果の報告を受けるだけです。検査結果が出るまでの期間は、受診した病院・クリニックによって違いがあります。早いところは、それこそ即日で対応してくれます。そうでない場合は、3日~1週間ほどかかるのが普通のようです。

これは保健所でも同じです。HIVなどは即日で検査結果を伝えてくれる場合もあります。しかし、そうでない場合は、検査結果が出るまでに1週間~2週間ほどかかってしまいます。

「検査結果を受け取るまでは時間がかかる」

このことを事前に理解しておきましょう。

まとめ:病院での性病検査は怖くない

性病の疑いがあり初めて病院・クリニックを訪れる場合は、何かと不安になってしまうこともあるかと思います。しかし、きちんとした医師の下で診察・検査を受ければ、基本的には安心です。専門的な知見から適切に治療にまで導いてもらうことができます。

繰り返しになりますが、性病の疑いがある場合、まず最初にやるべきことは病院・クリニックでの検査です。患部を診られるという多少の恥ずかしさはあるかもしれません。しかし、「性病かも」と悩んでいるならば、すぐに検査を受けて適切な対処をするようにしましょう。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

Average rating:  
 0 reviews

-病院
-, , , , , , ,

Copyright© 性病の知識と性病治療薬の専門サイトのクレンナビ , 2018 All Rights Reserved.